プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

鉄血のオルフェンズ 第17話(ツイッターまとめ)

kuro_no

2016年1月の読書メーター 読んだ本の数:10冊 読んだページ数:3262ページ ナイス数:162ナイス ★1月に読んだ本一覧はこちら→ https://t.co/ubd2z165Pf 中々自分 →https://t.co/PQn69DPDyl #bookmeter
02-01 22:45

内心は兎も角、団長としての立場を崩さなかったオルガはやっぱり流石だなと思った。でも、相変わらず決断の時は三日月に確認をとってるんですよね…。三日月がこれから変化するとしたら、やはりオルガも変わらざるを得なくなってくるんでしょうが…。
02-01 22:38

三日月はただの依頼主であり運ぶべき荷物だった彼女を心底「凄い人間だ」と認め初めたように思う。クーデリアを見た三日月はこれからどんどん変わっていくのかもしれない。今はただオルガの指示で戦っているだけともいえる三日月はこれから戦いに意味を見出す事になるのかも?
02-01 22:34

戦力差は圧倒的。それでも立ち上がろうとするクーデリアはやはりただものでは無い。そしてそんなクーデリアを観て三日月の心にもざわめきが。三日月は彼女を見て素直に凄いと感じ、苛立ちを感じる。恐らく、自分では行動を起こさない自分自身に。
02-01 22:30

正直、フミタンをスパイとして派遣したノブリスは憎んでも余りある相手でしょう。潔癖な人間なら、真実を知った上で更にノブリスに連絡を取る事は躊躇うはず。しかしクーデリアは大事を為すために、自分の感情を呑みこんで事を為そうとしている。せ
02-01 22:25

クーデリアが先頭に立って闘う事は、恐らく彼女を利用しようとしていたノブリスといった「大人」たちの望んだ姿だったでしょう。しかし、彼女はそのような他者の思惑とは関係なく困難な道を選び取る。しかも、彼女の凄いと思うところは自分を利用しようとした人間を利用する事を躊躇わず選んだ事。
02-01 22:16

つい戦闘についての話を先に書きましたが、今回はクーデリアの一つの節目が描かれる話。これまでは辺境である火星の人間の為に戦っていたクーデリアでしたが、コロニーでの出来事を通じて、これが一惑星の問題を解決すれば終わる話ではない事に気づき、改めて闘う決心をする。
02-01 22:13

ガエリオと言えば今回は何と言っても三日月とのやり取りでしょう!三日月は本当に身内以外の(特に)敵と認定してる人間はイコール「どうでもいい人間」みたいなので相手が名乗ろうがちっとも名前覚えない。と、いうか覚える気が無さそう。チョコの隣の人も酷かったけどガリガリは酷過ぎる!
02-01 22:03

でも、その分長生きできないフラグも立ってるみたいで見てて本と冷や冷やしてしまう(^^;
02-01 21:57

多少我儘なところはあるものの、火星生まれのアインにも普通に接してるみたいだし、現状のギャラルホルンをマクギリスと共に変えたいという志も持っている。ガエリオは回を重ねるごとにほんといいキャラだな~という印象が強まっている。
02-01 21:56


アインはアインで上官のピンチに駆けつけられるぐらいには視野が広がっているっぽく、成長が感じられました(初陣は兎も角、鉄華団との二戦目は復讐心もあったからかイマイチ視野狭窄ぎみだった)。これもガエリオの教育の賜物か…。
02-01 21:52

流星号…。もとのグレイズとは似ても似つかない姿になって「こりゃーアイン君ブチ切れるわ~」と、思ってたら想像通りの激おこっぷりで思わず爆笑してしまった。アインからしたらたまったもんじゃないけど
02-01 21:45

兎に角、キマリスもグシオン・リベイクも流星号もかっこ良かった。
02-01 21:43

「オルフェンズ」は制作発表当初からシリーズの過去作と比べると人間ドラマに焦点を絞った物語になると言われてたので、MS戦は控えめな印象だけどちゃんと新しいMSが登場するあたりでプラモデルの新作が発売されるあたりやっぱりその辺は計算されてるのかな~とも思う。
02-01 21:42

「鉄血のオルフェンズ」17話観ました!久々のMS戦。これまでのタメを一気に解放するような一戦。プラモデルの写真とか見てる時は正直そこまでと思ってなかったけど、動くと途端にかっこ良くなりますね。
02-01 21:39

鉄血のオルフェンズ 第16話(ツイートまとめ)

kuro_no

なんか、アインのガエリオに対する慕いっぷりが怖い(死亡フラグが立ってるという意味で)
01-25 22:50

どういう状況でガエリオが早寝早起きしてだされたご飯は残さず食べる事を知ることができるのか。やっぱり「ギャラルホルンの精鋭たる者、早寝早起きは大事だぞ!」とかアインに言ったんだろうか…
01-25 22:49

と、真面目に色々考えたりフミタンの涙の所で涙腺が緩んだりしてる割に、一番印象に残るところが次回予告っていうのがね(笑)アイン君が…物凄くガエリオを慕ってて何とも言えない気分に。このたった数話の内にこの二人の間に何があればあの予告に繋がるんだ。
01-25 22:46

話のわかるおじさんのように見えて、とるところは取るあたりがマクマードの「恐ろしい男」たる所以なのかもしれない。
01-25 22:43

マクマードとすれば、この出来事は試金石なのかもしれない。クーデリアと鉄華団がここで死んでしまうようであればそれまで。しかし、彼の見立てだとクーデリアは小さな独立運動で収まる玉では無いみたい。利益を得る為にもクーデリアには今以上に派手に戦ってもらう必要があるのかも。
01-25 22:41

そしてマクマード…。一見クーデリアと鉄火団を裏切ってるように聞こえるけど、「うちの身内」と発言してるあたりノブリスに牽制する為に態々ああいう事を言ったようにも思う。この状況を利用し、身内を守りつつ、利を得ようとする強かさのようなものを感じる。
01-25 22:34

地球に近い場所にあるコロニーの労働者にまでスパイを潜り込ませたりして(あの金髪の人はマスコミも知らないクーデリアの顔知ってるあたり絶対そうでしょう)、中々腕の長いノブリス。マクマードはクーデリアを殺して火種を作る事が目的と指摘したけど最終的に目指すところはなんなんだろう。
01-25 22:30

問題はその一緒にやっていこうとしてるマクギリスが何を考えてるのか判んないとこだけど(当の本人はコロニーに変な仮面かぶっており立ってるし)
01-25 22:20

ギャラルホルンのやり方はまさにマッチポンプもいいところ。自分でボヤを起こし、見せしめを行って締めつける。これでは正義感の強いガエリオが不快に思うのは当然。ガエリオはマクギリスと主にこの腐った組織を立て直そうとしてるんですね。
01-25 22:14

ただあまりにも直截的な表現過ぎて言われた方はぎくりとしてしまう台詞ではありますが。
01-25 22:11

クーデリアを無理やり連れ出す時の三日月の「もうフミタンじゃない」という一言。冷血なようでいて、表情を見ると三日月がフミタンの死を悲しんでいる事も感じられる。下手に多くの言葉を尽くさない三日月らしい台詞だったかなーと。
01-25 22:10

クーデリアはどうするのでしょう?ここでつぶれてしまうならば、それまでの人間。フミタンの求めた希望には程遠い。今までのクーデリアは火星の現状を変えるために動いていただけだったけど、もっと広い範囲の人々を救うべく戦う事になるのでしょうか?
01-25 22:06

フミタンが心底求めていたのは「希望」。そしてクーデリアこそが彼女が求めるものを体現する人間だった。でも、その事に気づくのが死の間際だったなんてあまりにも哀しすぎますよ…。
01-25 22:02

スラム育ちのフミタンにとって真っ直ぐで屈託なく育ったクーデリアは嫉妬の対象だった。だから彼女の眼が曇ってしまえばいい、現実を知って絶望するといいと思っていたのに、逆に現実を知る度クーデリアはその現状を変えなければいけないと行動するようになっていった。
01-25 21:55

今週のオルフェンズ…。そうなるんじゃないかと覚悟してたけどやっぱりこの展開は悲しすぎる。フミタン…。
01-25 21:49


鉄血のオルフェンズ 第15話(ツイートまとめ)

kuro_no

マクギ……じゃなくて仮面の男。面白すぎるでしょ。予告通り喋り方は変えなかったんですね。(←余計面白い)
01-17 20:10

ノブリスの目的は、地球では一地方(火星)の暴徒の先導者扱いの“革命の女神”クーデリアを殺害する事によって労働階級の暴動を誘発して、一気に戦火を広げる事なんでしょうか?それをする事によってノブリスは何らかの利益をえるとか?
01-17 19:05

情報もたとえ同じギャラルホルン内部であっても地球とコロニーでは情報には差がありそう。本部の人間はクーデリアの顔は知ってるけど、情報が制限されてるコロニー駐在の下っ端がクーデリアの顔を知ってるとは限らない。
01-17 19:02

で、クーデリアの顔が知れ渡っていないというのはどういう事なんだろう?と、思ったけど地球圏ではクーデリアが暴動の先導者扱いになってるあたりニュースもかなりバイアスかかってるし、思った以上に情報統制や情報操作があるっぽい。電話もエイハブリアクターのせいで有線のみだし。
01-17 18:56

ビスケットとアトラを助けに行った三日月が非常にかっこ良かった!!でも考えなし(笑)ブーツをクンクン嗅いだり、アトラが殴られたと知って殺意を向けたり(で、アトラが慌てたり)シリアスな場面なのに何となく笑えるシーンが…。
01-17 18:47

アトラもクーデリアを大事にしてるから、とんだ無茶を…。本当にハラハラしました。で、アトラが殴られた事を昔もこんな感じで殴られたからとさらりと言っちゃうところがまた…。聞いてて胸が張り裂けそうになる。
01-17 18:43

フミタンもまさか自分が、監視対象のお嬢様に絆されると思ってなかったんでしょうね。クーデリアが自分の事を大切に思えば思うほど辛い気持ちになって…。次回は彼女の名前がタイトルに入ってましたが、できればクーデリアの為にも悲しい事になって欲しくないんですが…。
01-17 18:38

今日の「オルフェンズ」見てて本当に泣きそうになりました。サヴァラン兄さんも辛い立場だったんですね…。かつての仲間を守る為に非人道的であろうと生贄を差し出さざるを得なかった。しかも弟とも訣別する事になっちゃったし。辛いなー
01-17 18:35

『聖闘士星矢Ω』最終回!

本日、『聖闘士星矢Ω』がついに最終回を迎えました!

感想を書き始めた当初はまさか2年間ずっと追いかけ続けるとは思ってもみず…。

もう日曜日の朝に早起きせずに済む!と思うと嬉しいんですが同時にもう早起きしても『Ω』やってないのかと思うとなんだか寂しいような気もします(これからもしばらくは無駄に早起きしそうですが…)

出来れば今日中に感想を書いてしまいたかったんですが、夕方頃から熱が上がってきたので、今日のところは休みたいと思います。

何だか書きたい感想がたまってきてるんですが早く風邪を治して取りかかりたい…

『隠蔽捜査』本日最終回

・本日はTBS系放送のドラマ『隠蔽捜査』最終回。
このブログでは放送決定について以外は何も書いてこなかったんですが、毎週欠かさず見てました。

いやー。ほんと楽しかった~♪

現在出版中の原作ストック5作分をすべて使ってのシナリオだったので(絶対オリジナルとか、『3.5』を適当に使った話が入ると思ってたのに一切無かった!)仕方無いけど今日で終わってしまうのは残念です。
もっともっと観ていたい…。


・最終話は最新刊『宰領』が原作となっている話。

東京都で行われていた議員誘拐事件の捜査が神奈川県またがり、竜崎は一人警視庁と因縁のある神奈川県警へ。
県警の捜査一課長を筆頭に全く協力的でない他県の捜査本部で竜崎はいつもと変わらぬ合理性と真っ直ぐさを発揮し、やがて捜査員達の信頼を勝ち取っていく…んだけど、その様がもう痛快というか何というか。

ツンツンしてたいい齢のおじさん捜査員たちが次々と竜崎にノックアウトされてデレていく様に思わず変な笑いが漏れましたよ。
どんだけこの人は警察官心を鷲掴みするのかと(笑)

事件解決後ある“隠蔽”が発覚し、それについてはちょっとモヤモヤが残るラストとはなってしまいましたが(原作は多分違う終わりなんだろうな~。未読なのでこれらから読みます)、それを差し引いても良いドラマ化だったなと思います。

竜崎と伊丹の関係は原作よりかなり近めに描かれていましたがこれはこれで良い。


・続編は原作のストックの関係もあるのでなかなか難しいかもしれませんが、ちょっと期待しています。
そして、ドラマが好きだった方にはぜひぜひ原作を読んでいただきたい!!
私も1作目で竜崎にノックアウトされた口ですので…(笑)


隠蔽捜査 (新潮文庫)隠蔽捜査 (新潮文庫)
(2008/01/29)
今野 敏

商品詳細を見る


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
twitter
読書メーター


KUROさんの読書メーター

KUROさんの読書メーター

KUROの今読んでる本

KUROの最近読んだ本

ブクログ
ブクログ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: