desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

2011年5月の読書メーター 

2011年5月の読書メーターまとめです。
見事にマンガしか読んでません!!(最後の1冊は小説だけど)

実は、登録してない本もあるんですがそれも漫画だし…。最近通勤時間は携帯いじってるか目を閉じてる事が多くてなかなか本を読めません(^^;

読みたい本は結構あるんですが…


●2011年5月の読書メーター

読んだ本の数:3冊
読んだページ数:737ページ

■血界戦線 3 ―震撃の血槌― (ジャンプコミックス)

ニューヨークに忽然と姿を表した街「ヘルサレムズ・ロット」と「秘密結社ライブラ」の構成員たちの戦いと日常を描く物語も早くも第3巻。表紙のチェインが凄くかわいいです。

今回の私的な見所は飄々とした謎男・スティーブンのセレブ(?)な私生活とライブラ構成員たちの見事な連携技。新キャラクター「ブローディ&ハマー」もいい!

ドグ・ハマーが美男子と感じるかどうかは人によると思うけど私はかわいいと思う(めっちゃごついけど)

読了日:05月08日 著者:内藤 泰弘

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11237023


■Waltz 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

ついに殺し屋としての自覚を持った蝉。大藪をヒーローと崇め、勇気を出す苺原。そしてあの『帽子卿』がその正体を表す…。

次巻は蝉・苺原・チクタクの三つ巴?しかしそうだとしたら苺原が余りにも不憫すぎる…。それとも彼にはまだ隠してる何かがあるのか?そして岩西はどーなってんのか!?

読了日:05月15日 著者:伊坂 幸太郎,大須賀 めぐみ

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11237287


■クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅡ (ハヤカワ文庫JA)

敵を喰らうカルマを背負いながらも、疑似家族的な雰囲気さえ感じられる前半部から一変。
物語の第一部は一気に収束していく。

登場人物達一人一人が「家族」や「仲間」の意味を強く感じていただけに、後半の多くの別れに、より強く悲壮感を感じました。ジャンクヤードやその住人たちの存在意義、セラの正体などは朧気に判明するものの、まだまだ多くの謎が残されている。次巻に期待。


読了日:05月23日 著者:五代ゆう
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11315565


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ