desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

2011年3月の読書メーター 

今日から新年度です。
いつもなら新年度に対する不安と同時に、春の訪れに何となく浮かれた気分になる4月なのですが、今年はやはり落ち着きません。

私の読書時間はだいたい電車の中のですが、地震以降はついつい携帯ばかりいじってしてしまって肝心の読書ができていません…。

いっそのこと定額制止めた方がいいんだろうか…(^^;



●2011年3月の読書メーター
 読んだ本の数:3冊
 読んだページ数:1087ページ

■クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅠ (ハヤカワ文庫JA)

ただ盲目的与えられた掟に従い戦い続けてきた戦士たちが強制的に与えられた〈悪魔〉の力。
主人公・サーフを中心としたチーム《エンブリオン》のメンバー達は、敵を喰らわなければ生きていけないという業を負い、力を得た時に発現した人らしい「感情」に翻弄されながらも謎の少女・セラと共に楽園を目指す。

ゲーム「デジタルデビルサーガ アバタールチューナー」の原案小説。ゲームとは違う展開もあるので既にゲームをあそんだ人間でも充分楽しめる。続刊が楽しみ

読了日:03月04日 著者:五代ゆう

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10011519


■バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)

角川ホラー文庫からの出版ということと表紙の雰囲気からもっと超常現象バリバリな内容なのかと思いきや、どちらかというとミステリーよりなストーリー。

平賀が思考を他者に開示せず真相を追求するタイプなので私もロベルト同様やきもきさせられました…。

面白かったですが、ロベルトがもうちょっと活躍してくれたら嬉しかったかな。(彼は彼で信仰の危機に陥ってはいましたが)

読了日:03月20日 著者:藤木 稟

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10233323


■もやしもん(10) (イブニングKC)

いきなりアメリカに行くという一見強引な展開でしたが、これからの直保には必要なワンステップだったかもしれないアメリカ編。

直保の兄・直継が色々意外な人物でびっくりしました。破天荒だけど直保にかけた言葉は温かいし優しい。

122話最終ページの直保の心底からの笑顔が素敵でした。
日本に帰ったらついに日本酒編?蟠りを吹っ切った直保が主人公らしい活躍ができるようになれるのか。
続きが楽しみです

読了日:03月27日 著者:石川 雅之

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10350492



▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ