desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

2011年2月の読書メーター 

なんかだんだんまとめる意味あるんだろうか(^^;と、思ってしまう2011年2月の読書メーターのまとめ。


●2011年2月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1069ページ


■ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)

麦わらの一味、二年の時を超え集結!様々な傷を乗り越え更に男らしくなったルフィの元に、船長を支えるためにと更に鍛えて強くなった仲間たちが帰ってきました。
これまで物語を追ってきた読者に感慨と興奮、そしてこれからの展開への期待を否が応でも掻き立てる要素満載の61巻。

見所ははっきり言って全部ですが、私が一番好きなシーンはルフィが師であるレイリーに向かって叫んだ「“海賊王”に!!おれはなるっ!!!!」。これあってこそのワンピースでしょ。

読了日:02月04日 著者:尾田 栄一郎

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/9577523


■雲上都市の大冒険 (創元推理文庫)

ミステリーというよりは冒険小説といった感覚で読みはじめる、という作者の意図から外れているであろう読み方をしてしまいました。
脱獄トリックの内容に「えーっ!?」となってしまったんですが、びっくりしたのは間違いないです。

ハードボイルド探偵・荒城と頭脳派探偵・真野原の一筋縄ではいかないキャラクターは面白く、真野原のキャラにオイオイと突っ込みを入れながらも最終章を読み終えた時続きを読んでみたいなという気分になりました

読了日:02月08日 著者:山口 芳宏

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/9638434


■交錯―警視庁追跡捜査係 (ハルキ文庫)

典型的な足で稼ぐ刑事と机上の資料から見落とされた証拠を探し出す刑事。
同期であるものの全くタイプが違う故にライバル関係にあるでこぼこコンビのバディもの。

非常にオーソドックスな捜査の過程を追う警察小説。堂場さんの警察小説は鳴沢シリーズを一冊目で挫折してるので(主人公の鳴沢に感情移入できなかったから)、どうだろうと思いましたがこちらは素直に楽しむことができました。ただ最後に登場した犯人は…。ちょっと偶然が勝ちすぎてるようにも思う

読了日:02月24日 著者:堂場 瞬一

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/9892858


▼読書メーター

http://book.akahoshitakuya.com/
関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ