desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒 season9 第13話「通報者」 

本日放送の「相棒」第13話「通報者」の感想です。


・生け花教室の講師が殺害された。
通報者は名前を名乗らなかったが、右京と尊は現場の痕跡から通報してきたのが病気の母親と幼い妹の3人で生活保護を受けながら暮らしている中学生・佑太であることを突き止める。
佑太は名乗り出なかったわけを面倒事に巻き込まれたくなかったとはいったが、右京はその言葉に疑問を抱く。

やがて殺害された講師・俊子が、講師として良家に出入りしては、その家の秘密を探って恐喝を行っていた事が判明。捜査1課は恐喝されていた人間が犯人ではないかと捜査を開始する。

一方、佑太の周辺を探った右京と尊は佑太がかつて俊子と面識があった事を知る。
しかし、佑太は俊子を知らないと話していた。その点を問い詰めると、かつて俊子に万引きを目撃され脅されていたと告白。しかし、それも嘘だと分かる。

佑太が嘘をつき続ける理由は?


・今回の「相棒」の見どころは何と言っても事件の目撃者で“嘘つき”な中学生の佑太と、かつて嘘のうまい子供だったという神戸君のやり取り。


・父を失い、母まで無くしたかわいそうな妹の「家族との生活」を守るため、大きな「嘘」をつかなければいけなかった佑太。
偶然に殺人事件を目撃してしまったために、その大きな「嘘」を隠すための嘘を次々とつき続けなければならなくなっててしまう…。

自分と妹を捨てて出て行った母親を母親自身の幸せを思って恨まず、自分の母親のせいで窮地に立たされた女性を救うためにまた「嘘」を重ねる。
そして何より妹のために、自分の将来の選択肢を狭めようとさえしていた。

その悲しいまでの優しさがなんともせつない気分にさせられます。


・一方、出会ってからずっと佑太を気にかけ、「らしくない」行動をとり、事件解決後、痩せ我慢を続ける佑太を強く叱った神戸君は本当にいい奴だと思いました。

一見クールでドライ。でも、ちゃんとウェットな部分があり、熱い部分がある。今回の話でますます神戸君が好きになりましたよ。


・今回は太田愛さんの脚本。
番組を見終わった後、何とも言えないせつなさや優しさ、温かさが残る作風は私の肌に一番合ってるような気がします。
太田さんの書く神戸君は本当にいいですね。


・それにしても神戸君の子供時代はどんな子供だったんでしょう…。

自分でも「らしくない」と感じるほど佑太に肩入れしたり、右京さんに言った僕も嘘のうまい子供でしたから…という言葉から考えると、本当に佑太みたいな子供だったのかもしれません。


もし、佑太みたいな子供だったとしたら彼の守っていたものは何だったのでしょうか?……と、まだまだ謎の多い男・神戸尊に想いを馳せてしまう回でした。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ