desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒 season9 第8話「ボーダーライン」 

今シーズンの「相棒」はなんでこんなに緊迫感があふれているんでしょうか?
本当は、休みの日にゆっくり感想を書くつもりだんたんですが、ちょっとだけ。

この寒い時期に今回のような落ち込むお話は見ててきつかった…。


・ビル下で発見された柴田という男の転落遺体。
指や腕に防御創が残されていたことから、刃物で追い詰められた末の転落死と思われた。
柴田の所持品は、期限切れ間際の保険証と3つのカギだった。

柴田の胃の奇妙な内容物から事件に興味を持った右京は尊と共に捜査を開始。
今年1月、寮付きの職場に移ると住んでいたアパートを退去した柴田の11カ月を辿る事となる…


・余りにもリアルな現代社会の活写。
柴田の身に起きたような出来事は現在誰にでも起こりうる話でもある。

その転落の描写が余りにもリアルで、どんどん気分が暗くなっていく。「暴発」の時は答えの出しにくさに胃がキリキリと痛みましたが、こちらは余りの生々しさに胃が痛くなった。


・相棒のtwitterで、『これは相棒でしか描けない、あるいは描かないストーリーかもしれない』と書かれていましたがまさしくその通り。
今回のような題材をドラマで取り上げるのはなかなか難しそう…。
比較的何でもありの「相棒」だからこそできるストーリーでしょう。


・あれだけ追い詰められて他に何ができるだろうと考えてしまう。

しかし、少なくとも親兄弟がいたんだから必死に自分の窮状をもっと叫ぶべきだったのかなとは思う。
死はやっぱり選んではいけないよね…。


・なんか右京さんと尊に関して書く事が無い(笑)
いや、書く事もあった気がするけどそれが吹き飛ぶぐらいヘビィな内容でした。
間違いなく傑作なんだけど、この話がDVD化してももう一度見る気になるかどうか…。かなり微妙。


・次週は映画公開直前。時は夏にさかのぼる。
映画に登場する人物も登場する映画の内容と連動する内容(っぽい?)


・映画といえば大阪でも25日の土曜日に舞台挨拶あるんですね!けど、ぴあでのチケット確保は全然自信ない(苦笑)一応チャレンジはしてみようとは思いますが…たぶん無理。

兎にも角にも映画は公開されてから早いうちに見るつもりなので、土曜日に家族へのクリスマスケーキを買いがてら、前売りチケットで観に行く事になりそうです。

関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ