desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒 season9 第4話「過渡期」 

・日付が変わりましたが本日放送の相棒シーズン9第4話「過渡期」の感想(のようなもの)です。


・ホテルで男の転落死体が発見された。所轄署の捜査の結果、非常階段で喫煙中誤って転落した事故死と断定。
事件はそれで終わると思われた。
時効制度の廃止により、厖大化する事件の証拠品の整理を命じられた右京と尊は、転落死した男・立松の祖母が15年前に殺害されており、時効廃止がなければ2,3日後に時効を迎えていた事を知った。
留学後、世界を転々としていた立松が時効制度廃止を知らず、時効に合わせて帰国した可能性があると右京は考える。

立松の転落死を調べる右京と尊は、15年前の祖母の事件を未だに調べる総務課の猪瀬に話を聞く。しかし、鑑識係の丸山ともども何かを隠している様子。その後、特命係を訪れた猪瀬は実は事件のあった日立松に時効について聞かれていた事を告白。
やがて帰国した立松が友人に返す当てがあるからと金を借りていた事実を知った右京はある結論を導き出す。


・本日の『相棒』はこのドラマを代表する脚本家の一人である櫻井武晴さんのシナリオ。
個人的には脚本家さんの名前でどうこうということは言いたくありませんが、さすが。本当に見応えがありました。

様々に用意されたミスディレクション。それでいて、推理するためのヒントはすべて視聴者に提示されています。
私も右京さんと同じものを見てるはずなのに、最後の展開を迎えるまでなかなか犯人は分からず(今回は本当に尊の気持ちと見事にシンクロしました・笑)
猪瀬が立松を殺すに至った真の理由まで右京さんが導き出してしまった時には本当に「えっ?」という声まで出してしまいました…。

・猪瀬は一面気の毒な人物だし、彼の話からすると横領した証拠品のお金は捜査費の足しにしていたようですが、それはまったく彼を擁護する理由にはなりません。
結局彼は最後の最後で“警察官”である事を選ばず、一人の憎しみを持った人間として振る舞ってしまったにすぎないのです。

猪瀬に激昂する尊に言った右京さんの言葉が非常に印象的。


・ストーリー展開の面白さもさることながら、右京と尊のやり取りも楽しかった。

尊の右京さんに対するフォローがなんとなーく嫌味にに聞こえる(笑)お互いまだまだ何となく刺々しい。
でも、そこがこの二人の会話の面白いところ。薫が相棒だった時とまた違った面白さがありますね。


・今日の尊はちょっと熱かったですね。

・立松の友人の部屋に飾られていたポスターが戦国BASARA3だったような気がするんですがきのせいですか?


・来週は、

わーい。“イケメンなのに残念な男”陣川君の登場だ!!!

また女性がらみらしいぞー!!(笑)
尊とは階級一緒だしどんなやり取りをするんだろう。そして、また「花の里」でクダを巻くのか?

本当に楽しみすぎるー!!

関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ