desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

最近買った本(2010年7月18日) 


Waltz 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)Waltz 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2010/07/12)
伊坂 幸太郎大須賀 めぐみ

商品詳細を見る



少年誌に掲載されてはいるものの、ちょっと青少年には推奨しかねる漫画(笑)『Waltz』の第2巻です。

ただ単に生きてく為だけに殺しを行っていた少年は、殺し屋の仲介業をやっている岩西に拾われて、「蝉」と名付けられる。

「蝉」の“殺し屋”としての初仕事は、同じく殺し屋である「首折り男」を殺害する事。
岩西の得ていた情報に従い、「首折り男」の前に立つ蝉だが、そこにはすでに謎の集団「チクタク」が首折り男を拉致しようとしていた…


「蝉」対「チクタク」!!
そして成り行きから首折り男の身代わりにされてしまった高校生・苺原の運命は!!

殺し屋が話の中心なんでどうしても残酷な描写が多い漫画なんですが、今回何より恐ろしいと感じたのは、むちゃくちゃな殺し屋集団であるチクタクよりも蝉を拾った仲介業者の岩西。

この男、金を得るためならば人を使い捨てにすることも平気。今回も助けを求めた蝉をあっさり切り捨てた。

しかし、蝉を思いっきり突き放すかと思えば、蝉の心を鷲掴むような言葉を使う。
今までまともに人として扱われてこなかった蝉は翻弄されっぱなし。
蝉は岩西が自分の事をいいように使うためにあらゆる言葉を使っているとわかっていながら、だんだん岩西から離れられなくなりつつある。

更に岩西の恐ろしいところは、口八丁なだけでなく自分の命もチップにして大きな賭けに出れる事。
蝉を追って事務所に来たチクタクから助かるための起死回生の策は、もう驚愕の一言です。


今回も本当に気になるところで次巻に続いている。
もーほんとうに気になるな~。

関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2010/07/18 15:55 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ