desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

夏の文庫フェア2010(新潮社) 

少し間があいてしまいましたが今回がラスト。新潮社の夏の100冊です。

フェア名 :2010新潮文庫の100冊
キャンペーンサイト :http://100satsu.com/
キャンペーンキャラクター :Yonda?
対象作品数 :100作品
期間限定表紙 :限定スペシャルカバー(10作品)
プレゼント :ヨンダナ
その他 :100冊ビューワー、100冊診断、100冊まとめ買い
      Yonda?ツール(ブログパーツ、壁紙、携帯待ちうけ)

・KUROの読んでみたい作品

 隆慶一郎『一夢庵風流記』
 海堂尊 『ジーン・ワルツ』
 乃南アサ『凍える牙』
 伊坂幸太郎『砂漠』
 近藤史恵『サクリファイス』
 米沢穂信『ボトルネック』

●KUROのひとこと

・毎年手堅いラインナップという印象が強い新潮社文庫。
名作を中心に新刊、流行作家の作品もちゃんと混じっています。学生さんが読書感想文を書くにはどの本ももってこい!!(たぶん)

何だかんだで読んでみたい本が色々とあって、今年はもしかしたら新潮社文庫が読んでみたい本が一番多いようなきがします。実際買って読むかどうかは別ですが。

毎年、あれ読みたい!!これ読みたい!!と思いながら夏が終わってみればそれほど読む事が出来てないのが夏フェア…。
ようするに私がお祭り好きなだけなのかもしれません。

それに、実際店頭で見ると別に読んでみたい本が増えたりします。ほんと、目の毒です(笑)


・フェア用のサイトデザインは昨年とほぼ同じもの。黄色いサイトがまぶしい!!
おしゃれで遊びどころも多くて面白いサイトですが、文庫解説のところの文字が小さいのが若干気になる…。

長時間見てるとサイトの色も相まってちょっと眼が辛くなってくるような気がします。


・期間限定カバーはとってもシンプル。クールで大人も子供も持ちやすい。
何だかんだいいながら新潮社のカバーが一番好きだったりします。

派手さはない…と、書こうと思いましたが『金閣寺』と『雪国』がそれぞれ金と銀???
実物を見てないので何とも言えませんが、たぶん金と銀。これはびっくりだ。


・昨年サイトには100冊で神経衰弱ができるゲームがありましたが、今年はtwitterのアカウントを入力することで、お薦め本を紹介してくれる「100冊診断」あります。
ちなみに私へのおススメは、アンデルセンの『絵のない絵本』でした。

ほんとtwitter流行ってるんだな…。


・何だかんだと色々楽しい新潮社文庫。しかし!!これだけは(わたし的に)ちょっといただけないのが今年の夏プレゼント。
今年のプレゼントはなんと、バンダナ。

いや、かわいい!可愛いんだよ!!

でも、ちょっと2冊買ってはがきを出すほど欲しいかといわれるとちょっと微妙。今年は角川がブックカバーをやめちゃったんで今年こそは…と、思ったんですが。

ブックカバーて無料の景品にするにはちょっとお高いのかなぁ…。


…と、色々と文句も言ったりしてますが、毎年楽しみにしている夏フェア。
景品無しでもいいんで各社これからも続けていただきたいですね。
関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2010/07/02 22:07 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ