desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

夏の文庫フェア2010(角川書店) 

今年もやってきました!!夏の文庫フェアです。

書店に置いてあるフェアの小冊子をまだ手に入れてないので見落としがあるかもしれませんが、今年もちょこちょこっとまとめておこうと思います。

まずは今年も角川書店から

フェア名 : 発見!角川文庫2010
キャンペーンサイト :http://www.kadokawa.co.jp/hakken/summer2010/top.php
キャンペーンキャラクター : ハッケンくん,
対象作品数 : 115冊
期間限定表紙 : ハッケンくんスペシャルカバー、早見あかりスペシャルカバー(6作品)
プレゼント : ハッケンくんストラップ(全8種類),ハッケンくん壁紙ダウンロード
・その他 : ハッケン!角川文庫 on YouTube あらすじチャンネル

KUROの読んでみたい作品
 森見登美彦 『夜は短し歩けよ乙女』
 有川浩 『空の中』
 有川浩 『海の底』
 東野圭吾 『殺人の門』
 米澤穂信 『氷菓』

 

●KUROのひとこと

・今年からはちょっと様変わりした印象の角川文庫。
 キャンペーンキャラクターは、角川文庫のマスコットキャラクター「ハッケンくん」が務めます。


・作品ラインナップの分類は昨年と同じ。「恋する」「楽しむ」「驚く」「考える」「ふるえる」「見つける」「泣く」の7つの分類分けです。
そういえば今年はライトノベルレーベルの文庫が入ってません。
しかし、ラインナップ全体を眺めると、ライトな雰囲気の作品も多く含まれ、まさに今年の夏、本でも読み始めようかと考えている人たちのための“読書の入り口”を提供する作品群になっているような気がします。

特にそうなりそうだと感じたのは、短編集「きみが見つける物語」のシリーズ。
“10代のための新名作”とは銘打ってありますが、掲載されている作家陣は今を煌めく作家ばかり。
食わず嫌いな読んだことのない作家への気軽な入口になりそうな予感。


・今年のプレゼントはお馴染みのブックカバーではなく、ストラップ。
集英社の文庫フェアのプレゼントと同じく、1冊買えばその場でもらえる形式です。
ただし、この形式。書店によっては出してくれない場合があるかと思いますので絶対欲しい時はレジにきちんとその旨伝えた方がいいと思います。

・企画はだれでも参加できるYouTubeの「あらすじチャンネル」。
30秒であらすじを…ということですが、本の紹介さえできてれば工夫次第でなんでもありっぽい???

映像系投稿が好きな方はチャレンジしてみては?

関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2010/06/27 10:55 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ