FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

ワンピース・プレミアショー

18日は以前から書いていた通り友達とUSJに遊びに行ってきました。

相変わらず暑い1日。
電車の乗換えまでの大阪環状線に乗っていた時、あまりの涼しさにこのままぐるぐる廻ってやろうかしら…などと不届きなことも考えましたが(笑)、結果行ってよかったと思っています。

心配していたアトラクションの待ち時間もそれほど長くなく、涼しい場所で待てるように工夫がされていたのでうんざりすることはありませんでした。

体験したアトラクションやショーは以下の通り。

・ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド
・シュレック4Dアドベンチャー
・アニメ・セレブレイション
・スパイダーマン・ザ・ライド
・トト&フレンズ

USJに行ったのは2度目。しかも6,7年前に行ったっきりなので私の入ったことの無いアトラクション中心にUSJのいいものを紹介してもらいながら廻りました(マジ、ありがとう!!)

何度も入ってみたくなるアトラクションがいっぱいで、特にスパイダーマンが面白かった。
あの写真撮るところは知ってってもかなり難しいと思うけど(笑)

日中はアトラクション廻って、ショー見て、おいしいもの食べてで過ごしましたが、夜からはUSJに行った第1の目的であるワンピース・プレミアショー!!

はっきり言ってかなり面白かったです。
以下、少しショーの内容に触れますので「more」以降に収納。


最初に言っておきますとかなりお勧めです。

入場料+ショー料金は少し高めですが、お金を払ってみても損は無いと思います。
ショーを見る前は「ワンピース」が題材ということでもっと見子供向きの内容になるかとも思いましたがそういうことも無く、大人も子供も楽しめます。

兎に角もう一度みたい!!と、思わせるすばらしいショーでした。



チケットを交換すると、いきなりお弁当を渡されます。
このショーのために用意された軽食+ドリンクです。

内容は、カレーピラフ、サラダ、フライドチキン&ポテト、ライチ。
料も結構多いし味はそこそこいけました。特にピラフがおいしかった。

今回は確か言ってなかったと思いますが、先にショーをみた方に聞いた話だとこれはサンジが作ったお弁当という設定になってるとか。細かい。

ただまさか軽食がここまでしっかりしたものだと知らず、直前にターキーレッグを食べてたので少しお腹に入りませんでした。仕方ないのでお持ち帰り…。
あと、ドリンクもカップだろうと思ってたのにペットボトルのお茶orコーラでこれもびっくりしました(直前にお茶も買ってたよ…)


お弁当を食べているといきなり海賊ルックのお兄さんたちが登場。
漫才のような会話とともにいきなり振り付け講座がはじまります。
???と思ってるとこれがワンピースの初代OP「ウィーアー」のさび部分の振り付けだということが判明。
っていうか結構複雑。覚えてられるのか…。これ…。

でもプレミアシートを確保してる人たちはどうもこのショーを何回も見ている人が多いらしく、みんなテンションが高い。しかも振りもうまい!!タイミング合う!!
気合が違います(ちなみに私は舞台に向かってみ右側のノンウェットゾーンに座ってました)

それが終わるとショー開始。

■ストーリー

突然の竜巻に巻き込まれた麦わら海賊団がたどり着いたのは、海上に建てられた砦。

そこは残酷な海賊・ディーコンが率いる“スモーキーズ”が海底に沈んだ財宝を手に入れるために占拠していた。
同じく竜巻に巻き込まれていた海賊バギーはディーコンとお互いを利用しつつ麦わら海賊段を倒そうと様々なことを仕掛けてくる…。


このショーのために用意されたオリジナルストーリーです。

役者さんがキャラクターに扮し、声はアニメでおなじみの声優さんが演じます。
この方式はアニメで「ワンピース」になじんでいる子供たちにとってはいい方式だと思いました。声フェチの私もこの方が嬉しい…(笑)

このままストーリーを順に追っていってもいいですが、ここからはそれぞれのキャラクターの私的見所を紹介。

○ルフィ

・しょっぱなでお腹が膨れたルフィに驚き。そのままの姿でずーと寝てるし
・序盤は戦ってるんだか遊んでるんだか。いかにもルフィ
・客席前方の舞台を猛ダッシュ!!早っ!!
 水上バイクが終わったあとで部隊は濡れ濡れなんですがそんなのものともせずのダッシュがかっこよかった…
・キメでアレがくるとは思ってませんでした。
・ちゃんとある場面で腕は伸びます

○ゾロ

・三刀流をきちっとやるとは思ってませんでした。
 もちろん刀に工夫もあるんでしょうが、ちゃんと咥えてアクションしてた
・漫画・アニメではおなじみの決め技もきっちり再現。とにかく殺陣が凄い。
・「三千世界!!」

○ナミ

・基本的にはウソップとともに逃げるキャラなんですが、ちゃんと棒術も披露してくれました。
・衣装はもう少しお色気衣装でも…。でも、アクションバリバリの作品だから無理?
・ある意味話の鍵?

○ウソップ

・何をおいても長い鼻!!
・あと逆さづり
・「その鼻を触らせろ~」
・余談ですが、数日前ローソンでこのポスターを見ていた知らない子供にいきなりかけられて、「この鼻つけっ鼻?」とマジで聞かれた。
 そうだね。あれが本物ならびっくりだよ

○サンジ

・実はこのショーの影の主役
・船長を差し置いて歌のソロあり(また平田さんに挑戦させたのか~)
・とにかく蹴り技がかっこいい。漫画と同じ…とはもちろんいきませんがかなり忠実に再現してます。雰囲気でてる
・ボコられて連れて行かれるところがツボにはまった
・そのほかにも見所が多い

多分サンジが一番見所が多い。ファンは喜べ!!(私か)
漫画でも割とおいしいところを持ってくキャラクターですがそういうところはこのショーでも健在です。

あと、ここで敢えて書きませんが「あの人たち」も登場します。
っていうか彼は無理だろと、思ってた人物(人物?)が出た事に一番びっくりしました。でも登場シーンは無茶無茶笑える。
思いっきり腹筋が鍛えられます(笑)

笑いあり、手に汗握るシーンあり、ちょっぴりジーンとするシーンあり。
最後はワンピースらしいハッピーエンドを見せてくれます。

最後にこのショーのために用意された歌が披露され、ラストのラストは「ウィーアー」。
ショー開始前に練習した振り付けをみんなでやりました。この時には会場とステージは一体化!!
私たちの席に近いところに来た振り付けを教えてくれるお兄さんのビリーズ・ブートキャンプや80年代アイドル的振り付けに大いに笑わせていただきながら(笑)会場全体で「ウィーアー!!」と腕を振り上げてショーは終わりました。

本当にあっという間の1時間でした。


ストーリー自体は「ワンピース」なのでせめてキャラクターの名前を知らないとちょっとつらいかも知れませんが、公式ページのキャラクター紹介を抑えとけば大丈夫だと思います。
(でも心底楽しみたいなら知ってるにこしたことはないと思います。めっちゃ長いけど)

使われていた楽曲は、基本的にキャラクターソング集からのものや、アニメで流れる曲ですがオリジナルでこのために用意されたらしい楽曲もあり?
特に最後の曲はルフィ役の田中真弓さんには珍しいなと思った楽曲なので聞き応えありです。

でも、何故サンジだけソロが…。今でも気にかかります(笑)


あと、キャラクターたちを演じる役者さんたちですが、ほんとすごいです。
アクションが凄いのは当然ですが、それぞれがきちんと「ワンピース」のキャラクターを掴んで演じていらっしゃいました。
キャラの普段の立ち居振る舞い、細かいしぐさ。コミックでよくある表現などきちんと再現されてて好感度高し!!

ワンピキャラ以外の登場人物たち(ストーリーに絡む主要キャラ以外でも一番最初に登場した保安官たちとか)もうまくショーを盛り上げ、最終的には舞台と客席が一体になる感覚を感じました。
ショーってこんなに面白いもんなんだと思いっきり実感できました。

「ワンピース・プレミアショー」は夏休みのみ(9/2まで)の公演ということで、残りはあと2週間ほどなんですが、見れるチャンスのある方には絶対見ていただきたい!!
公演が夜の7時のみ。ショー自体のチケットも高いと、なかなか条件は厳しいとは思いますが(お子さん連れの家族なんかホント大変だと思う…)、ひと夏のみのお楽しみを是非とも体験していただきたいです。

いい席は予約じゃないと無理ですが、当日券もでますので迷ってる方はパーク内でチケット買ってみてください(笑)

何度も何度もしつこいですが、私もできたらもう一度観にいきたいです(^^;
関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/08/19 15:33 ] 遊びのこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ