desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season8 最終回「神の憂鬱」 

・ついに今シーズンの相棒も最終回を迎えてしまいました。

言いたい事がたくさんあって思考がぐるぐるとして何だか全然まとまらないんですが、あんまり放っておくと最終回だけ感想無し!!という不本意な事態になりそうなので考えたことをとりとめなく書き留めておこうと思います。


・今一番言いたい事は、この半年間欠かさず視聴してきてよかったという事。

実はseason8の放送が正式に予告された当初、正直に言うと新シーズンは期待4割、不安6割といった具合で、楽しみよりも不安な気持ちのほうが勝っていました(もちろん楽しみでなかったわけではありませんが)

自分の中で右京か薫、どちらかがいなくなった時『相棒』は終わるという思いがあって、今回の新しい刑事が登場して『相棒』が続いていくというのは、ちょっと無理やりだなぁという感じを持っていたのです。

それでも『相棒』という番組が好きな事には変わりありませんし、何より水谷さんが好きなので、何だかんだいっても番組は毎週見るだろう。でも今までみたいにブログに毎回感想を書くことは途中でやめてしまうんじゃないかな~、と番組放送前は漠然と思っていました。

しかし結果はご覧の通り。

結局は毎週欠かさず感想を書き続けていました。
最初でこそ理由のない義務感に駆られて見てたような部分もありましたが、いつの間にか以前からの『相棒』を観ているのと同じように毎週の放送が楽しみになっていました。

やっぱ、『相棒』面白い!!


・今シーズンの『相棒』を一言で言うなら「仕切り直し」…なーんて言うと悪く取られちゃいそうですが、言い直すと、正反対の存在だった右京と薫が時間を経て“相棒”と呼ぶにふさわしい関係になっていったその過程を、神戸尊にもう一度辿らせるシーズンだったような気がします。

各話の端々に反発している二人がお互いを理解できるようなエピソードがさりげなく混じってたのが印象的。

ただ、今シーズンで二人が一足飛びに“相棒”になったかというと、それはまだちょっと言えない…。
むしろ、先日放送された最終回のエピソードを経てようやくスタートラインに立ったという雰囲気です。


・最終回「神の憂鬱」は、仕切り直しの集大成としていかにも『相棒』らしいストーリー。

ある商社で起こった転落死事件と謎のオービスの誤作動、そして転落した商社社員が最後に接触したと思われる警備会社社員の殺人事件が発端となり、神戸が特命係配属前に担当していたある画期的な犯罪捜査システムの存在がすべての事件のかかわっていることが発覚。

警察上層部は保身からシステムが表ざたになる事を恐れ、事件そのものの早期終結を図りますが、二人の命が失われていることを重んじた右京は、尊と共に命令に逆らって事件を解決。真犯人も逮捕してしまう。

しかし、ここでめでたしめでたしと終わらないのがこのドラマ。

知力・行動力恵まれ、強い信念を持つ右京が権力の厚い壁に阻まれてしまう姿が描かれ、都合の悪い事実を隠蔽してしまったが為にかえって事態が悪化してしまうという皮肉が描かれる。

『相棒』ではもう何度も繰り返されているモチーフですが、これがあるからこそ『相棒』だと思う。


・今回尊が特命に配属された本当の理由が明らかになったんですがこれがすごい。

一つは危険な要素も含んでいる捜査システムの早期運用に慎重だった尊をプロジェクト自体から遠ざけるため。

もう一つは組織に逆らう傾向があるものの、あらゆる難事件を解決してきた杉下右京とノンキャリアながら優秀な尊が、システム完成後に構想されている新捜査組織の運用・実務担当者の任に耐えうるかどうかをテストするため。

…うーん。2時間サスペンス発祥のドラマとは思えない展開(^^;
あと、警察上層部があれだけ邪魔にしてた右京を使うつもりになったというのが何だか信じられない(笑)

でも、結局システムは盗まれてしまい、どこかの国でその技術が表に出てきたとしても作ってた事自体隠蔽したから権利も主張できないし、今の日本で莫大なお金がかかるシステムを導入するかはかなり微妙…。

結局夢の新組織は夢と消えてしまったっぽい。


・そんなわけでノンキャリアながら出世し、長いものに巻かれることも仕方ないことと考えていた節がある尊は、右京と出会い、現場で信念を持って仕事をする警察官たちに触れ、更に今回の事件を経て考え方を変えたようです。

もう一度警察庁に残る道もあったのに、自分も“警察官らしい事をしたくなった”とその辞令を蹴る決意を固めました。もとの仕事に未練が無いわけじゃないので大河内さんと共にお酒を飲みまくってましたが(笑)

翌朝二日酔いで登庁した時、右京は改めて尊に「ようこそ特命係へ」と、迎えます。
なんという記念すべき瞬間(ただし、課長のオチつき)。

これでようやく尊は本当の意味で「特命係」の一員に。しかし、いわばこれからが本番。
来シーズンでは本当の意味で「相棒」になれるのでしょうか…。


・尊の決意の裏には右京の存在の他に、周囲にいる一課や米沢さんや、角田課長たち組織犯罪対策5課の警官たちの影響も感じられるというのがいい!!

特に今回伊丹はすごく頑張ってます。亀山薫が乗り移ったかのような熱血ぶり。
伊達警視の取り調べを邪魔しようとした彼女の上司を無理やり追い出した伊丹に感動してしまいました。
惚れます!早くいいお嫁さんが見つかると良いですね(笑)

・あと今シーズン大河内監察官の存在がかなりクローズアップされてましたね。

近年はスペシャルのたんびに割りを食う事が多かった大河内さんですが、改めて信念を持って仕事をしている姿が察せられてとてもかっこよかったです。

更に、尊の元上司(?)という関係で、かつて尊が警察庁への出向組候補に入った時反対した過去もあったとか。
おまけに辞令を蹴ったことで警察内で生きにくくなってしまった尊の事を頼むとわざわざ右京に頭を下げに来ました。

二人の間に何があったのか??


・尊にはまだ謎が隠されています。
大河内さんとの会話の中ででてきた10年前の出来事。これに関しては今回は明らかになりませんでした。
この辺りは次のシーズンで明らかになっていくのでしょうか?

まだ8が終わったばかりですが、すでに必ずあるであろう「9」のスタートがこれから楽しみになっています。
関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2010/03/13 21:17 ] 相棒season8 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ