desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season8 第15話「狙われた刑事」 

ここにきてまさかの伊丹回!!
相棒シーズン8第15話「狙われた刑事」の感想です。

・捜査一課の伊丹刑事が昼食を取っていたラーメン店で、隣に座っていた客が突如もがき苦しみだした。
食中毒かと思われたが、ラーメン店のにんにくから亜ヒ酸が検出。
その後、伊丹の飲み物から同じ毒物が検出され、狙われていたのは伊丹であった事が判明する。
命を狙われている伊丹は捜査からはずされ、特命係が警護に。やがて伊丹は10年前担当した事件のことを思い出す。
その当時の強引な取調べで恨みをかった可能性があった。
右京と尊の警護を振り切り捜査に飛び出した伊丹が目の当たりにしたのは、ある悲しい真実だった。


・まさに伊丹のための回。
思わぬところから伊丹の苦い過去が蘇ってしまいます。

いつに無く落ち込み気味の伊丹。昔ならこういう場面でぶっきらぼうに励ますのは亀山君でしたが、今回はなんと、神戸君がその役割を担います!!

…ただし、その話に嘘が混じってるんですが(^^;なんかそういうところが神戸君ですね。
その過去の失敗話を信じ込んでるイタミンがちょっと可哀想ですよ(笑)

今回は右京さんもいつに無く優しかったような…。
伊丹の過去の取り調べ方法にはあまり突っ込まず、ただ真実を追究していくことを勧めていたのが印象的でした。
被疑者に対する取調室での言葉もいいですね。右京が伊丹をどういう刑事としてみているか、その片鱗が見えたような気がします。

・終始特命係と行動を共にする伊丹刑事はかなり新鮮!!
右京は伊丹のことを「伊丹さん」と呼びかけるとかちょっとした発見もありました。(…って言ってましたよね。違ってたらごめんなさい)

神戸の(偽)過去に共感したイタミンはこれから神戸君へのちょっと接し方が変わってくるのかなぁと、思いつつ来週はやっぱりいつものイタミンなんでしょうね~。
いや、彼にはこれからも特命係に嫌な顔をして欲しい!!(笑)


・今回辛い思いをしたのは伊丹と事件の加害者でしたが、とばっちりを受けたのは大木と小松。
このシーン絶対いらんやん!!と、ツッコミを入れつつ、でもあの二人が喋ってるのがなんとなく嬉しい私なのでした…。

関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2010/02/10 22:39 ] 相棒season8 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ