desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season8第7話「鶏と牛刀」 

本日は第7話「鶏と牛刀」。
本当は、次の日以降に感想書くつもりだったんですが、辛抱できなくてもう今日書く!!!(笑)

いやー面白かった~。
神戸のキャラクターも徐々に定まり、彼の周囲のキャラクターとの関係性も定まり始めているというのもあるとは思うんですが、やっぱり回を重ねるごとに面白くなってるような気がします。

本日の脚本は「相棒」に初期から関わっている櫻井武晴さんの脚本だっただけに内容も期待してたんですが、本当に期待以上のいいものを見せていただきました!!

現実でも来年より新組織に変わる社会保険事務所を舞台とした社会派な内容。
自身の不正に対する告発者を消すための殺人事件だけでなく、旧時代の不正を隠蔽しようとする組織の嫌らしさも描かれます。
いつもならすっきりしない結末を迎えることも珍しくない「相棒」ですが、今回は一味違う。
最後の最後で官房長の恐ろしさを味わいました…。

今回の官房長は隠蔽を手助けするのではなく、隠蔽しようとする組織を脅す側。国民にとってかなりいいことをしてるはずなのに「黒っ!!」といわざるを得ません。やっぱり怖いですよ、官房長(笑)

官房長の登場も久々でしたが、仕事してる角田課長も久々に見たような気がします。
しかも今回の課長、やたらめったらかっこいい!!課長はやる時はやるおじさんです!!

大木と小松にも台詞があったし(しかも出番が長かった)、伊丹と芹沢もラストに見せ場があったしで、相棒レギュラーメンバーが色々と活躍する回でもありました。

わざわざ変装して付いていく尊もお茶目だったし、それがラストの右京さんとのやりとりに生かされているのも面白かった。

キャラクターの動きが生き生きとしてわかりやすかったのは、「相棒」を作り上げてきた脚本家の一人である櫻井さん故、といったところでしょうか。
もちろん他の脚本家さんのストーリーも充分楽しんではいるんですが、やっぱり輿水さんと櫻井さんは別格のような気がします。

…なーんて毎回あんまり深く考えないで「相棒」観てる私が言うのもなんですが(^^;
何はともあれ、今日の相棒は面白かったんですよ!!
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


[ 2009/12/02 22:45 ] 相棒season8 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ