FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season8 第5話「フェンスの町で」 

郵便局で強盗事件が発生。防犯ビデオに写っていた犯人の身のこなしや、早期に敷かれた検問を無事突破していることから、近隣の基地関係者による犯行説が持ち上がった。
尊は手口から犯罪のプロの犯行と推理するが、右京はビデオの内容からプロにあるまじきミスを犯していることを指摘。一方で犯人の軍事訓練を受けたような身ごなしから、サバイバルゲームサークルに所属している者であると推理する。サークルから手に入れた名簿を元にたどり着いたのは、15歳の少年だった…


・“「基地」のせいで家庭が壊れてしまった二人の少年のたてた『計画』。
そのフェンスを壊したところで、多分何が変わるわけでもない。
それでも二人は計画を実行してしまった…”

ドラマの前半で犯人はあっさりつかまり、犯行も自供してしまってこれからどう展開していくのだろうと思ったら、判明したのが上記の事実…。
学校の教室でのシーンや二人が『計画』を立てているところの回想シーンでちょっとウルッときてしまった。

今回の右京さんはあくまで二人の少年を諭す姿勢。尊の必死さも伝わって何となく二人の優しさを感じる『相棒』でした。
ラストに何となく救いが感じられるのもいい。

先週がモヤモヤする話だっただけに癒されました。


・知的である程度いい線の推理ができる尊。それに対して自分の推理を披露する右京さんはなんだか楽しそう。
こういうやり取りは、以前までの相棒では観られなかった新・相棒の面白いやりとり。
その代わり、体力仕事になると尊はからっきしそう。
そういえば方向音痴ぎみなところもありそうな(^^;まさか2話のアレがまた出てくるとはおもいませんでした。結構粘着な右京さん(笑)

・今回の脚本は相棒初参戦の福田健一氏。
ストーリーの内容のよさもさることながら、相棒二人のやり取りも面白かったし、課長の2番目の息子が課長そっくりというネタもつくってしまいました。しかもまさかのヴィジュアル系バンド志望(^^;

今回のお話、かなり面白かったのでまた登場して欲しいですね(^^)
関連記事
スポンサーサイト





テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


[ 2009/11/25 22:41 ] 相棒season8 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ