desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

地球ゴージャスプロデュース公演vol.10「星の大地に降る涙」 

090815_1615~0001

梅田芸術劇場にて地球ゴージャスの舞台「星の大地に降る涙」観てきました。

久しぶりの梅田ので少々人酔い。
更に席が3階席の前の方の席で足が竦みました。幕が開いたら大丈夫でしたが。


記憶を無くして小さな島に漂着した和人の青年。
彼を助けたのはかつて和人に迫害され故郷を追われた歴史を持つタバラと呼ばれる民族だった。
彼らが神と崇めるシャチが運んできたことから“シャチ”と名付けられた青年は、もう一人の和人の漂着者トドと共にタバラ族と暮らすことになる。
しかし、過去の出来事から和人をよく思わないタバラの勇者ザージャやカイジは彼らをなかなか受け入れることが出来ない。

シャチを助けた聖母のごとき女性ステラの助けもあり、やがて文化も習慣も超えて絆が生まれつつあったが、和人同士の争いはタバラとシャチを一気に飲み込んでしまう…。



笑えるシーンが多いにも関わらず、反戦をテーマにしたシリアスな内容。
相反するもの同士が対話により理解を深めていくことの大切さ。戦争の悲しみや虚しさ。そして命ある者の希望を描く。

歌あり踊りあり殺陣ありコント(?)ありの盛りだくさんでちょっとお腹いっぱいって感じではありますが、かなり面白かったです。
笑いの部分はどこまで台本なんだろう…(^^;

あと変な話なんですが、舞台の寺脇さんや岸谷さんや木村佳乃さんや三浦春馬さんを見て、うわーほんとに役者さんなんだー。凄いなーと思った(笑)

いや、勿論テレビで演技は見てるし俳優さんだと認識してるんですが、やっぱり生は気迫がバンバン伝わってきて、初めて本当の意味で凄さを実感したような…。
ともかく感激してしまったのですよ。
いいなぁ生の舞台って。癖になりそう。

次回もし大阪で公演があったらまた観てみたいです。

最後になりましたが、生・寺脇康文さんはやっぱりかっこよかった…。今後の活躍も期待しております(^^)
関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2009/08/16 12:55 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ