desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

夏の文庫フェア2009(角川文庫編) 

夏になると角川書店、集英社、新潮社といった各出版社が文庫フェアを一斉に開催します。私も真夏の年中行事として何となく楽しみにしていて、各社ランナップやサイトを調べてみたり、実際に買ってみたりしています。

と、いうわけで今回は各出版社の夏フェアについてちょこっと書いてみようと思います。

まずは角川書店

フェア名 : 発見。角川文庫夏の100冊
キャンペーンサイト : http://www.kadokawa.co.jp/dis/summer/top.php
キャンペーンキャラクター : 松山ケンイチ
対象作品数 : 101作品(ただしプレゼントの応募は6、7、8月発売の文庫でも可)
期間限定表紙 : 松山ケンイチスペシャルカバー(3作品)
プレゼント : 発見。ブックカバー2009 全7種(松山ケンイチ シークレットしおり付)
          松山ケンイチオリジナル図書カード(3000円分2009年版・)抽選で1000名
・その他 : 「角川文庫夏の100冊」松ケンディスプレイ大募集、宣伝コンテスト開催

KUROの読んでみたい作品
 森見登美彦 『夜は短し歩けよ乙女』
 米澤穂信 『氷菓』
 有川浩 『空の中』
 東野圭吾 『さまよう刃』
 神永学 『心霊探偵八雲1 赤い瞳は知っている』
 沢木冬吾 『償いの椅子』
 浅田次郎 『霧笛荘夜話』
 三浦綾子 『氷点』
 筒井康隆 『日本以外全部沈没』
 松本清張 『或る「小倉日記」伝』


●KUROのひとこと

・昨年に引き続き松山ケンイチさんがキャンペーンキャラクターを務めていらっしゃいます。と、いうよりここのところの角川文庫は=松山ケンイチ。
角川の松ケンピックアップぷりは伊達じゃありません!!文庫を宣伝したいのか松ケンを宣伝したいのかわからん!!(笑)

冗談は兎も角、松山さんが目を引かれる役者であるのは確かなこと。
期間限定表紙(『銀河鉄道の夜』、『変身』、『怖るべき子供たち』)は何となく手に取りたくなる雰囲気がありますね~。

あと、上には書いてませんがフェア中の文庫封入のしおりも松山ケンイチさん。
去年みたいに色んな種類があるんでしょうか?

・100冊(正確には101作品?)のラインナップは「恋する。」「楽しむ。」「驚く。」「考える。」「ふるえる。」「見つける。」「泣く。」の7つの分類分けがされています。新旧含めてラインナップされているのはどこの出版社でも当然なんですが、ライトノベルレーベルをもつ角川文庫らしく 『涼宮ハルヒの憂鬱』や『狼と香辛料』なんかが含まれているのがらしいといえばらしいです。

・今年のプレゼントは角川のフェアではお馴染みのブックカバー。
2冊買えば携帯から簡単に応募できます。ホントのこというと角川のフェア本は毎年買ってるのにブックカバーは応募した事が無いんです(^^;今年こそ貰おう!!
関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2009/06/27 15:43 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ