desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

『螺鈿迷宮』/海堂尊 

螺鈿迷宮螺鈿迷宮
(2006/11/30)
海堂 尊

商品詳細を見る


※実際読んだのは文庫版です

【あらすじ】
万年医学生の天馬大吉はある日幼なじみの新聞記者・葉子に、終末医療の最先端施設と注目を集めながら、黒い噂の絶えない碧翠院桜宮病院について調べて欲しいと頼まれる。仕方なく看護ボランティアとして病院に潜入した天馬の目の前で、入院患者が次々と謎の死を遂げてゆく。
彼らの死は本物か?それとも人為的なものなのか?


海堂尊氏の作品3作目です。
内容はこの作品単体でも楽しめるものになっていますが、『チームバチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』を先に読んでおいた方が、作品世界を理解しやすいかもしれません。
何より、謎の皮膚科医や、ドジな看護婦のことは前作、前々作を読んでおいた方が唐突感が去って良いでしょう…(それでもえらい衝撃だったけど)

作品の雰囲気は終始コミカルな印象。海堂さんの文章は軽やかなのが持ち味なので「死」を扱う作品ながら、暗い印象はほとんど無く、さらりと読むことができます。
それだけに物語の謎が解明される部分でずしんとした重たさをかんじるのですが…。

人間消失の謎があるのでミステリー作品ではあるといえるのですが、その点は作品の舞台柄すぐにトリックはわかってしまう(と、思う)
むしろ、桜宮巌雄の語る終末医療の現状や死亡時の検視の問題など現実が内包する闇の部分が気にかかる作品でした。

今回、桜宮病院の消滅でこの事件に関しては1つの決着がつきました。しかしいろんな事は殆ど解決していない。
むしろ、ラストページを読むとこの物語さえもまだまだ続きそうな雰囲気です。

海堂さんの作品は、主人公は違えど作品世界は共有しています。
思わぬ所でまた“闇”が広がってくるのかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌



この記事をリンクする?:


[ 2009/02/13 22:00 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ