FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

『半夏生』/今野敏

半夏生 (東京湾臨海署安積班)半夏生 (東京湾臨海署安積班)
(2004/07)
今野 敏

商品詳細を見る


【あらすじ】
お台場で身元不明のアラブ系外国人が倒れ、病院に搬送された。
アメリカの同時多発テロ以降、警察上層部からの通達で、外国人に関する事件。特にアラブ系の人間が関わるものは上層部にあげるようにという指示が出ていたため、安積はこの小さな事案も念のため報告する。
しかしその夜、安積は緊急招集を受ける。更に外国人を保護した白バイ隊員、事情を聞くため現場にいた須田と黒木が病院に隔離され、検査を受ける事になってしまった。

なかなか理由が説明されずいらだつ安積に、警察庁から内閣調査室に出向しているキャリア岸辺から告げられるバイオテロに対する疑惑。
亡くなった外国人が正体不明の病原菌を持っている可能性があるという。
東京湾臨海署は署をあげてお台場を封鎖することになる。
一方、お台場の駐車場でホームレスが起こした傷害事件が発生。実は最初に外国人を介抱していたのはこのホームレスであった事が判明し、こちらの捜査も同時に進める事に。
須田と黒木が隔離され、村雨もある事情で自由に行動できず、捜査が困難な中やがて判明するある事実。

安積は自らの報告が原因で発生したこの事件のピリオドを打つ事になる。



いつまで「安積班」の感想書き続けているのか…。
試しに一番最初の本の感想書いた日見てみたら、なんと1年以上前になってました…

いかんなぁ。来年はもうちょっとペース上げたいですね。(「安積班」に関してはあと1作だけになってしまいましたが)

『半夏生』は普段の安積班ものとは一味違う、現実に即した割とシリアスな展開の小説。
でもミーハーファンとしては村雨刑事の意外な一面が見れる作品でもあります(笑)

これは本当に安積班シリーズなんだろうか?と、思ったぐらいに規模のでかい事件が扱われています。

他の短編や長編が1時間のドラマ(あるいは2時間のスペシャル)だとしたら、こちらは映画にできるぐらい。
しかも、普段チームとして捜査する安積班のメンバーのほとんどはまともに捜査に出る事ができない状態で物語は進む事になるという異例の事態。

ここで活躍するのはいつもだったら速水…というところですが、こちらもお台場封鎖のために駆り出されているので出番はもうひとつ(でも、相変わらずいい場面で出てくる)
今回活躍するのはいつもは大人しいけどやる時はやる!村雨の薫陶を受けている桜井と病院から情報を送ってくる須田。そして混乱する現場で自分たちのできることをやっていこうと行動する「東京湾臨海署」の署員たちです。

そう、なんと言っても「半夏生」のストーリーの主体は“混乱”の一語に尽きる。

何故混乱がもたらされるのか?問題点は色々とあります。
まず有事の際の不測の事態に備え色々とマニュアル化はされているものの、それがほとんどうまく機能しないこと。
情報を上層部が吸収し、それに基づいて命令を下す頃にはすでに現場の自体は変わっている。
本来なら一番生の情報に触れている現場の方が判断を下しやすいのに、現場が勝手に行動することを許さない。
更に問題なのは縦割り行政の悪い点がもろに発露していること。
緊急事態であるにも関わらず自らの省庁の権力を守るため、本当ならそうすべきであると思われることも横槍を入れられてしまう。
古い情報による判断の遅れと、無駄な横槍のおかげで現場は更に混乱をきたしてしまう。

そしてもう一つ問題なのが、わが国のテロに対する無防備さ。

ウィルステロに使われそうな致死率の高い病原菌の検査などが日本国内ではできない。
何もかもアメリカ頼みで、その間に日本でできるのは拡散を防ぐことだけ。おかげで憶測が憶測を産み、病院の機能がパンクする自体となってしまう。


と、「半夏生」では混乱は拡大再生産されていく。もし後数日このまま経っていたならこの混乱は東京周辺だけではなく日本中に拡大されていたに違いない。

結局作中でのこの大騒動は時間とともに収束を向かえる(もちろん、安積の活躍もあるが)。
この事態を起こした“犯人”の行動は一歩間違えば国を揺るがす大事件になるのではと思うのですが、彼が何故こういう行動をとったのかという気持ちはわからないではありません(ことの善い悪いは兎も角)

もしこんなことが現実に起こったらと思うと想像するだけで寒くなる…。
『半夏生』はそんな作品でした。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2008/12/30 17:12 ] 今野敏 安積班シリーズ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ