desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

土曜ワイド劇場特別企画『相棒3‐今明かされる7年目の真実』 

タイトル長っ!!
これちゃんとタイトル欄におさまってるのかしら…。
携帯投稿だといまいちわからん。

と、言うわけで相棒3+新録の特別編見ました。

新録の部分は少し蛇足かなぁと思いながらも、右京さんの最後の一言で納得。
この一言を言わせたかったんですね~。

『3』には土ワイ版集大成的な薫のセリフ(俺の相棒を~)があるけど、右京さんが薫くんのことを果たしてどう思ってるかは今まであまりはっきり口にしてないような気がする。

そりゃ勿論言葉だけがすべてじゃありません。
右京さんの薫くんに対する気持ちは全シリーズ通してみれば言わずとも知れたこと。

ただの仕事上のパートナーってだけなら薫くんの気持ちに報いるために孤軍奮闘したり、思いっきり怒らせた翌日にマンションの前まで迎えにいかないでしょ(笑)

でもやっぱりああいうセリフが右京さんからでるのはなんだか嬉しい。
まあ、本人のいる前では絶対言わないんでしょうが(笑)

再放送もチェックし、DVDでも何回か見たはずの『3』ですが色々そうだったのかという発見がありました。

・薫ちゃん笑いすぎ
・たまきさんも笑いすぎ
・デジタル機器に時代を感じる
・イタミン若っ!!そして感じ悪っ!!!(笑)
・右京さんのユーモアセンスは薫と仕事するようになってからなのか?(以前はあそこまでおちゃめじゃなかった?)
・特命部屋がえらいところにあった

などなど、他にも色々。
みる度に発見がありますね。

さてさて、これで昨年秋頃から始まった怒涛の相棒祭りは落ち着きを見せるのでしょうか。

今年の秋も当然『7』があるんですよね(*^-^)b今から期待してます(ってこれでなかったら泣く)

気になるのは6のラスト。
右京が見せた暴走と、相棒であるはずの亀山君に話さなかったことがあったことが、今後シリーズにどんな影を落とすのか?
今回の特別編のラストのセリフを考えるに、右京も薫を相棒と認めているのは確か。
それ故に薫に類が及ばないように行動したのが6のラストのアレだったんでしょうが、そんな気遣い薫が許すはずもない。
小野田は多分今でも右京を警察庁に戻したいと思ってるんでしょうが(だからこそあんなことをわざわざ薫に言ったと思う)、この人の考えてることも読めそうで読めない…。

やっぱりますますこれからの相棒が気になります。
関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2008/06/15 00:12 ] 相棒 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ