FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒 Season6 第18話「白い声」

気がつけば「相棒」の放送もあと1回となってしまいました。
埋め草程度に始めた感想もまさかここまで続くとは思いませんでした。
でも、さすがに毎週水曜更新は無理になってしまいましたが…(^^;

17話の「相棒」は前回と違ってどシリアスな内容。なので笑える場面はちょい少なめ…。
(組対5課が特命部屋に侵食し始めてたのが妙に可笑しかったけど・笑)
そこんところは寂しいものの、たまにはこんな回もあっていいよね。

・事件の真相が判明するまでの展開が少々厳しいかなとも思ったけど、今回は事件どうこうより、現行行われている変死体の検案の問題をクローズアップした内容になってました。

・予算の関係で全ての変死体を解剖できるわけじゃない以上、現場の警察官が事件性のあるなしを判断するしかない。
そのために検視を担当する「検視官」がいるけど、医師ではないから解剖で得られるような本当の死因までは判断できないだろうし、今回の話に登場した刑事のように自分の検視に慢心をもってる人間に対応されたらもともこもない。

また、遺族も事件の専門家である警察の判断を信じることが多いだろうし、愛する家族の遺体にメスを入れることをためらう人も多いでしょう。

なら監察医が各県に置ければいいかというとそれもたぶん難しい。
医師が少ない日本でどれほどの人が法医学を専門に学んでいるのでしょうか?
単純には解決できないものをこの問題は含んでいるように思います。

・重い話の今回でしたが、亀山くんの良さが現れている回でもありました。
同情し、肩入れしすぎるのは長所であり短所でもあるのでしょうが、この熱さがなければ亀山くんではありません。
でも全力で味方すると言ったのに、中津留さんが自ら死を選んだのはあまりにもあまりですが…。
ラストシーンの亀山くんの言葉が印象的でした。

・それだけにプレゼントのお知らせの時の亀山くんは、本編とえらい落差がありましたが(笑)
でもホワイトデーのお返しにはたぶん間に合わないよ亀山くん…

・次回はとうとう最終回!!
久々に小野田官房長登場…なんですが不穏な雰囲気。
言葉の槍でえらいチクチク刺してますよ。
どうする!亀山くん!!(笑)そして右京さんはどう動くのか!!!
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ