desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

安積班シリーズ登場人物紹介 その3 

本日は、安積警部補がちょと苦手にしてる(笑)堅物の村雨刑事について




・村雨秋彦(むらさめあきひこ)

強行犯係・部長刑事。36歳。
強行犯係の実質的なナンバーツー。
現在安積班唯一の妻帯者(幼稚園に通う娘がいる)

痩せ型で猫背気味。いかにも刑事という鋭い目つき。
自分にも他人にも厳しく、生真面目で少々杓子定規なところがあり、書類の書式や様々な手続きごとにうるさい。警察内に旧来からあるしきたりを順守したがる傾向がある。
優秀な警察官だが、その(警察という組織にとっての)優等生な言動や、桜井に対する個性を押さえこむような新人教育ぶりから、安積は彼を信頼しながらも少し苦手としている。

ただし、本人は自分の性格をきちんと把握しており、今の仕事のやり方が自分にとってベストだと心得ている。
それほど頭が固いわけではなく、新人に対して口喧しいのも、彼なりの親心ゆえである。
しかし、自分の本心をあまり表にだすタイプの人間ではないので、他人には誤解されることが多い(本人も周囲からの評価をことさら否定しないのでなおさら)

安積に対しては、常に優秀な警察官とみられたいと思っており、好かれないまでも信頼されたいと感じている。


★黒猫の一言

安積班一刑事らしい刑事で、縁の下の力持ち。
シリーズを読み進めるうちにかなり印象が変わったキャラクターでもあります。
杓子定規な堅物と思いきや、陰では愛妻家で結構親ばかなところがあるらしい。
普段眉間にしわ寄せてる村雨が桜井にどんな顔して「娘は自分に似てるから美人になる」とか言ったんだろうか…。
『半夏生』でその場面を読んだ時、普段とのあまりのギャップに思いっきり吹いてしまいました。

安積とはお互い良い意味で緊張感漂う関係。
あることがきっかけで村雨の本心(?)知った安積でしたが、これからも2人の間柄はあんまり変わらないと思う。





関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2007/10/05 00:42 ] 安積班シリーズ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ