desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

映画「蟲師」 

昨日観てきた映画「蟲師」の感想です。
(映画未見の方はご注意ください)



事前にネットでの映画評を読んで、あまり評判が良くない事を知りながら見にいったのですが、噂に違わない内容でした。
そのような微妙な評価になるのも解る気がします。


原作つきの作品を映像化・映画化するのはある意味大変難しいことだと思います。

商売上、すでに知名度があったほうが広告宣伝費を抑えながらも、それなりの収益をあげられるためか、最近は原作つきの作品が映画化になる事が多いような気がします。

ただし、映画を作る人間は必然的に事前に作品についているイメージ、厳しい原作ファンの目と戦わなければいけません。
原作を知る人間はすでにある程度のイメージを持っているので、そこからずれてしまうと評価は辛くなりがちです。

その点「蟲師」は、映像、音楽、配役、演出に関しては不満はありませんでした。
最初イメージと違って不安を感じていたオダギリジョーさんもそれほど違和感無くみえました。CGを使った表現も監督がアニメで有名な方だけあって、うまく表現しているなと感じます。
特に、淡幽が蟲を再封印するシーンなどはゾクゾクします。

しかし、映画を観た後に残ったのはなんともいえない気持ちです。

ストーリーは確かに原作のエピソードを取っているのに、世界観もストーリーも解りにくく、原作にない、ギンコと淡幽の恋のエピソードは兎も角、ギンコが蟲師となったきっかけであったぬいの扱いは特に納得できないです。

それにどのエピソードも何となく中途半端な結果に終わっていて、消化不良気味。ラストもよくわからない。
「あーすればいいんでないか」「こうしたらいいのに」と考えている間に映画が終わってしまって、いっしょに見にいった友人との帰りの映画評も散々でした。

では、原作を持たない、原作未読の人間がみれば理解しやすいかといえばそういうものでもないと思います。
「蟲師」に登場する特殊な単語や世界観は原作者のオリジナルであるため、原作を読んでいればこそイメージが湧くものの、先に読んでいないとそのイメージに頼れないないからです。
映画はその点、今ひとつ未読者に不親切です。

事前情報を得なければわからない映画なら、映画化はある意味失敗しているように思います。



私自身はもしある作品を映画化なりアニメ化なりする場合、原作そのままを映像化するよりは製作者のオリジナリティが感じられた方がいいと思っています。
たとえば、今回の「蟲師」ならばギンコが淡幽に恋心を抱いているというエピソードは、原作のファンである私にはかなり違和感があるけど、それはあってもいいと考えています。
監督なり脚本家なりがそのエピソードが映画に必要と感じるならアリなのです。
原作を超えるものを作らないなら原作つきの映画を作るのは意味がないとも思っています。

しかし同時に、原作のテイストも残しておいて欲しかったようにおもいます。
せめてギンコの造形は崩して欲しくなかった…。
飄々としていてピンチも受け流すギンコだとストーリーに山谷ができないからかもしれませんが、情けなさが漂っているのはなんともいただけません…。
淡幽との恋もあんな扱いではいらなかったのでは?
ぬいをストーリーに絡ませるのはいいとして、彼女がラストであの場所に放置された意味は?何故ギンコは彼女の周りに蟲を呼び寄せるようなことをして消えたのか?ぬいについていた男はどうなるの?など等、映画全編を通して疑問・違和感が漂っていていかんともしがたいです。


最後になりましたが、今回生じた感想は原作ファンだからこそ感じたものなのかもしれません。
作品にある程度思い入れがあったからこその辛い評なのかもしれません。
しかし、原作未読の方があれをみて面白く感じるとは到底思えない。
もう少しなんとかならんかったのかしら…という気持ちでいっぱいです。

関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2007/04/02 22:30 ] 映画・TVのこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ