FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

2020年6月の読書メーター

・遅ればせながら2020年6月の読書メーターまとめです。

・6月は時短勤務もあったのでいつもより少し多目に登録。できれば昨年よりも一冊でも多く読みたいので今月はもう少しペースあげていきたいな。


6月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:942
ナイス数:127

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)感想
時は大正。貧しいながらも家族と幸せに暮らしていた炭焼きの少年・炭治郎の日々は一夜にして一変する。惨殺された家族の仇を討つため、唯一生き残り鬼に変貌してしまった妹・禰豆子を元に戻すため。炭治郎は鬼を討つ鬼殺の剣士を目指す。炭治郎と禰豆子の戦いが始まる第一巻。展開的に少年漫画らしさを残しつつ絵的にも台詞的にも少し独特な雰囲気が。殺伐としながらも少しくすりと笑える所が良い。家族を殺した鬼を憎みつつ、情けも持つ優しい炭治郎は今後戦えるのか少し心配。師である鱗滝や兄妹を助けた義勇は非情に見えて端々に情を感じさせる。
読了日:06月07日 著者:吾峠 呼世晴


ウルトラマンデュアル2 (ハヤカワ文庫JA)ウルトラマンデュアル2 (ハヤカワ文庫JA)感想
『ウルトラマンデュアル』の続編。前作から約8年後。地球では新たな宇宙からの危機に備え地球防衛軍が組織され、光の国からは人類をウルトラ化する機器が与えられた。円と環は共にウルトラの女戦士を目指すものの円だけがウルトラ・オペレーションに失敗し、日本中から嘲笑されてしまう。一方地球には新たな驚異が迫りつつあった…。この世界の宇宙警備隊誕生の真実が明らかにされたり、前作の登場人物たちの後日談を交えながら、新たな時代へ踏み出した二人の女性の苦闘と再生、“誕生”を描く物語。
読了日:06月15日 著者:三島 浩司


ULTRAMAN(15) (ヒーローズコミックス)ULTRAMAN(15) (ヒーローズコミックス)感想
星団評議会日本支部管理長メフィストが我が地位を守るために暴走を始め、“ウルトラマン”に対する幻想を破壊しようとする第15巻。ウルトラマンそのものに地球を一瞬で滅ぼす能力があるのは間違いない。地球人のウルトラマンに対する信頼は本当は幻想によって生まれたなのかもしれない。でもその幻想に依って立ち、無茶でもどの命も取りこぼさないと行動するからこそ地球の“ウルトラマン”はヒーローであり続ける。ウルトラマンでいる覚悟が示される終盤の展開は燃えます!(例え進次郎が捕まってる状態だとしても。今後に出番があると期待)

読了日:06月30日 著者:清水栄一,下口智裕


鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックス)鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックス)感想
最終選別に残り無事鬼殺隊に入隊した炭治郎の妹を救うための鬼退治が始まり、宿敵が姿を現す第2巻。早くも仇である鬼舞辻無惨が登場。人間の中に潜みいとも簡単に人を鬼と化す恐ろしい相手。出会うのが初仕事のすぐその後で…というその展開のスピーディーさに少し驚かされる。その他にも端々に伏線らしきものが撒かれていてそれが回収されていく事が楽しみです。鬼に刃を振るうことを躊躇わず、それでもその“心”を気にする炭治郎。まさに罪を憎んで人を憎まず。優しく、決して立ち止まることのない強さを持つ主人公に強く好感を持てる。
読了日:06月30日 著者:吾峠 呼世晴



読書メーター
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ