desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

『ウルトラマンジード』第24話「キボウノカケラ」 

・『ウルトラマンジード』第24話「キボウノカケラ」の感想のようなものです。


・ケイからストルム器官を奪ったベリアルは二つの最凶カプセルの力も吸収しアトロシアスへと姿を変えた。
カレラン分子を利用して宇宙を繋ぐウルトラマンキングのエネルギーを吸収し、邪悪な力に変えてパワーアップを計るベリアルの行動を放置すれば無敵の存在になり、宇宙もウルトラマンキングの命も危うい状態になってしまう。
AIBと共に僅かな可能性に賭け、ベリアルの力を削ぐ作戦を計画するリク達。作戦の準備が進む中、死さえも覚悟するレイトは家族との大切な時間を過ごすのだった…。

作戦決行の知らせを受け、アトロシアスと最終決戦に臨むゼロとレイト。しかしその戦いの最中、行方不明になっていた伏井出ケイがレイトの家族の前に姿を現す。

・ケイから奪ったストルム器官を利用し、ウルトラマンキングの力をも取り込み始めたアトロシアスとの最終決戦です。
まさに宇宙の存亡をかけた戦いであり、ジードたちウルトラマンだけでは無くAIBも対アトロシアス総力戦に参加!
なんと、あのゼガンも再登場させる展開にはかなり驚きました。
星雲荘も宇宙船ネオブリタニア号という真の姿を現し、この戦いに参加。打てる手はすべて打つ。出せるものはすべて出す。そんな戦いです。

…それにしてもリッくんという人がいながら(笑)迫ってくるゼナ先輩にドキドキしてして思わずキス待ち顔になってしまうモアには笑わされましたよ!
個人的にはこの二人は凄くお似合いだと思いますが…。あの車のシーンは見てて結構ドキドキしてしまいました。


また、これまでの話に登場した数々の要素(カレラン分子分解酵素。星雲荘が宇宙船。光線技のぶつかりによって発生する永久追放空間)が全て、この最終決戦に繋がっていくことに大いにワクワクさせられました。


・最終話前編と言うべき、24話はウルトラマンベリアルと長年戦ってきたウルトラマンゼロ、そして相棒であるレイトを中心に展開します。

家族が生きる未来を守る為ゼロと共に戦ってきたレイトでしたが、今回の戦いでは流石に死さえも覚悟します。
最終作戦の準備のごくわずかな時間に、楽しい食事をし、誕生日だった娘のマユとこれまで自分を支えてくれたルミナにプレゼントを渡し、遊園地へ遊びに行く「ごく普通の一日」を過ごしたレイトでしたが、妻のルミナはレイトの抱えていた「秘密」を全て知っていた事が明らかになります。
ルミナはレイトがウルトラマンになって戦っている事を薄々感じとり、ゼロアイの存在も知りながらもずっと黙って見守っていてくれていたのです。

妻として、子どもの親として、夫にそんな危ない事はして欲しくなかったと思います。
でも、彼女はレイトの未来を守りたいという思いの方を尊重してくれた。

レイトが戦うのは今日過ごしたようなごく普通の一日を守る為。だからあえて必ず勝って帰ってきてではなく“晩御飯を作って待ってる”という言葉で送り出す。

ルミナさんの強さを感じる遊園地での見送りのシーンは本当に涙を誘われます。


・そして、ルミナとマユはレイトだけの家族では無い。
レイトと一体化し、同じ時を過ごしてきたゼロにとっても、この二人は家族です。

初手からゼロビヨンドに変身し、アトロシアスと対峙する事で何とか対等に渡り合うゼロでしたが、突如レイトの自宅に現れたケイにルミナとマユを人質に取られ、一方的にアトロシアスの攻撃を受ける事になってしまいました。

そんなゼロに対し、ベリアルはこの星に来て弱点を作ったと嘲笑します。
しかしゼロは「守るべきものがある、だからこそ強くなれる」という言葉をベリアルに返すのです。

これは「ウルトラゼロファイト」のある場面も彷彿とさせる台詞ですが、レイトといることで「家族を守る父親」の強い心を知り、さらに「家族」と言う者を実感して、守る思いが強くなったゼロを象徴する台詞のように思いました。

自分を慕う部下どころか、実の息子さえもパワーアップのための道具とみなすベリアルとは非常に対照的。
今回のバトルシーンはエフェクトやカメラワーク、ミニチュア(特にネオブリタニア号が墜落するシーンが凄い!!)と見どころ満載だったのですが、ゼロとベリアルと言う長年の敵対関係にある二人が織りなす対比が非常に印象に残りました。


・そしてもう一つ、印象に残るのがケイです。
彼の命はあとわずかなのですが、それでもベリアルに尽くそうとしています。

それこそベリアルにさえ呆れられてしまうほどの並はずれた忠誠心です。
彼の今回とった行動や結局ライハとの会話のシーンを見て、ケイには本当に「ベリアル」しかないんだとつくづく思い知らされました。ある意味信念の塊なんでしょうが…。

ベリアルに出会ったことが彼の運の尽きといえるかも。
もし、ゼナがモアと出会った事で変わったように、また違う人物に出会っていたとしたらまた違う道も歩めていたのかもしれない。
そんな前提は意味の無い事だとは思いますけどね。本当に気の毒な人だと思う。

兎も角、ケイは命が尽きるまで戦う事を選んだようです。
ライハも彼と戦う覚悟を決めたようですが、果たしてどんな決着をつけるのでしょう?本当に気になります。


・次回はついに最終回。
次回予告を観ましたが、全フォーム登場は坂本監督だからやってくれるだろうと思ってましたが、まさかウルトラの父が地球に来る展開は予想してませんでした。

姿が映った時変な声が出てしまいましたよ…。放送はクリスマスイブ直前、ということでウルトラの父降臨も当然と言えば当然?
何にしろ楽しみだな~(^^)

終わってしまうのは非常にさびしいのですが、今はそれよりも早く観たいという気持ちが先立っています。
ネオ・ブリタニア号が墜落し、ゼロの変身も解け、思わず戦場に飛び出すジード。ついに父との直接対決です!!
彼がどのように運命を乗り越えていくのか?非常に楽しみにしています。
関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ