FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ウルトラマンジード』第20話「午前10時の怪鳥」 

・『ウルトラマンジード』第20話「午前10時の怪鳥」の感想のようなものです


・街にギエロン星獣が出現。
ジードが立ち向かって撃退するが翌日「午前10時」になった瞬間、再びギエロン星獣が姿を現した。

ジードが倒しても同じ時刻になれば再び現れるギエロン星獣。しかもAIBの調査によるとい連日現れた個体は同一の存在らしい…。
街の人々はすっかり怪獣の出現に慣れてしまい、それを倒しきれないウルトラマンジードに対する批判の声も聞こえるようになってしまった。心身ともに疲労困憊のリク。
しかし、リク達は意外なところからギエロン星獣撃退のヒントを得る事になる…



・『ウルトラセブン』に登場する怪獣・ギエロン星獣。
地球人の愚かな行いから発生し、苦悩の末ウルトラセブンが介錯した悲劇の怪獣です。

私は今回の話を見るに当たり初めて「超兵器R1号」を観たんですが、人間の自己都合による身勝手な行いについて考えさせられる、教訓を含んだお話で、登場するギエロン星獣の鳴き声はまるで苦しさを帯びているように聞こえて本当に切ない気分になりました。

そんな悲劇性を帯びたギエロン星獣がどのように登場するのか?
予告を観た段階で、それ程暗い話にはならないんだろうとは思っていましたが…本当にこの怪獣に私が抱いたイメージをぬぐい去るいかにも「怪獣」らしい活躍のさせ方だったので本当に驚きました。

せっかくの登場だからなのか、戦闘シーンもいつもより多め。「R1号」を観た時に個人的に印象に残ってる空を飛ぶシーン(怪獣の造形の都合上飛行時でも顔が真下を向く)がいっぱい観れたことも嬉しかったです。


・今回は唐突に最強形態のロイヤルメガマスターから始まって、ここに至るまでいったい何があったのかを振り返っていく変わった構成。
ストーリーに一見関係なさそうな団地の奥さんたちの台詞が現在の状況とリンクしていたり(しかも、この奥様達の会話はギエロン星獣撃退の重大な要素にも繋がっている)、カメラのアングルや、映像の質感がこれまでの『ジード』とは異なっていたりと、あくまで今風でありながらノスタルジックさも感じされる非常に凝った造りになっている。

また、ただの怪獣退治の話に収まらず『襲い来る怪獣の驚異に人々が慣れていきやがてそれに対抗するウルトラマンに批判も…』という展開は現実の出来事とも微妙に重なるように見えて如何にも風刺が効いているようにも思いました。

更に、風刺に留まるだけではなく、今後の『ジード』の物語の結末にも寄与しそうな「ウルトラマン達の活躍を支持する人々が協力し解決した」ことは、リクのこれまでの戦いに対して人間が出した答えに思えて(「冷蔵庫新品に交換」という特典があったとはいえ)少しホッとさせられました。

…ただ、今回の事件も実は伏井出ケイの手のひらの上の出来事ではあったのですが。


・今回ケイに召喚されたギエロン星獣は作中の「今は消滅しているギエロン星」に対する言及から、かつてこの世界に存在した「セブンが倒したギエロン星獣の力」を元に作成されているような気がする。
(「ジード」の世界が監督のインタビューでの言葉通りM78世界だったとしたらですが。でも、何となく違和感もあるのでまだ確信が持てないんですよね…。あえてそこには触れないままで最終回までいくのかもしれないけど)。

ケイは強い再生能力を持つギエロンの特性を利用する事で、ジードの能力を測ったと思われます。
ある意味今回登場したギエロンはケイにこそ「兵器」として使われていたと言えるかもしれませんね…。


・今回ライハの一言で、リクは自分の戦いが報われている事を喜ぶのですが、その直後のケイの台詞が暗い影を落とす。
本当の悪夢はこれから。ケイがリクを打ちのめしにかかってくる事は目に見えています。
しかも、ケイはエンペラ星人とダークルギエルのカプセルがAIBに存在する事も知ってしまいました。

…これからの展開を観るのは非常に気が重いですが、今回の事件の解決方法を見るとこれこそがジードが、人類が危機を乗り越えるヒントであるようにも思えるのです。

『ウルトラマンジード』も残すところ恐らくあと5話。
リクが伏井出ケイやベリアルとどのような結末をつけるのか?最後までドキドキしながら楽しみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。