desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

『ウルトラマンジード』第9話「誓いの剣」 

・『ウルトラマンジード』第9話「誓いの剣」の感想のようなものです。


・レイトの娘・マユにリトルスターが発症する。
怪獣に狙われるであろうマユを守ると誓うリクとレイトだったが、もう一つ問題なのが伏井出ケイの存在。

ケイは必ず怪獣の近くに現れる…。
べリアルと繋がりがあるケイを生かして捕らえるため、ゼロはライハにも協力するよう要請する。

リクたちはマユを星雲荘に匿うが、その矢先にタイラントが出現。ジードとゼロが出撃するが、更に光瀬山麓にスカルゴモラが現れたという情報が入る。
その情報を聞いて迷いなく光瀬山へ走るライハ。
ライハにはある理由からケイが光瀬山にいるという確信があった…。


・「怪獣を切る」と刀を振るう少女、鳥羽ライハの過去が明らかになる第9話。

・6年前、光瀬山麓で発生した日本国内初の怪獣災害。
多数の犠牲者が出たがその時唯一生き残ったのがライハだった。

しかも怪獣が出現した理由は、ライハの中にあった「リトルスター」。両親は彼女をかばって命を落とし、抜け出したリトルスターは消滅。そしてライハは怪獣から人の姿になった男を目撃する…。

それから6年。ライハは怪獣となった男を斬る覚悟で剣の腕を磨いてきた。
それまでの彼女がどんな女の子だったのかは解らない。それでもほんの少しだけ過去の回想に登場した両親といる彼女や、マユに星雲荘に来てもらう為諭していた時に見せていた優しげな表情を見ていると「命を奪うこと」はおろか「争う」さえも無縁だったような気がする。

怪獣に変身した男=伏井出ケイと出会ってしまった事で彼女の人生は大きく変わってしまったのだ。

前話で目の前で大事な人が怪獣に襲われ何もできないことの悔しさをリクにぶつけたり、レイトに私に(ウルトラマンの)力があったらと思う事もあると吐露していたライハ。

ライハこそ、この世界の中で最も「ウルトラマンの力」が欲しかった人間だったのかもしれない。


・伏井出ケイと対峙したライハはついにケイを追い詰める。
自分の味わった悔しさ辛さを吐き出すライハ。彼女の苦しい胸の内をケイはくだらないものと切って捨てる。
しかし、その「くだらない」ものこそが彼女に“命を奪う覚悟”をさせたものだった。

剣がケイを斬り裂こうとしたその時、まばゆい光が彼女の動きを止めてしまう。
愕然として剣を下ろし、涙を流すライハ。

後々、リクに何故ケイに止めを刺さなかったのか尋ねられたライハは、自分を押しとどめる声を聞いたと話します。

「やめなさい。君がすべきことじゃない」

ライハは自分でも変だと感じながらその言葉に従っていたという。
リクはその誰ともわからない声が「ライハを止めてくれてよかった」と、素直に彼女に伝えるのでした…。


・この謎の声は誰のものだったのでしょうか?
光の感じから失われたと思われたライハに宿ったリトルスターだったようにも思えます。
あるいは、この世界に拡散されているというキングの意志なのか…。

リトルスターだったとすれば一体誰の力が宿っていたのでしょう…?それも気になるところです。


・今回、レイトさんの娘・マユに宿った能力はテレポーテーション。

と、いうことで大方の予想通りリトルスターに込められていたのはゼロの能力。マユがジードに怪獣を斬りに行こうとするライハを止めて欲しいと祈った時、ウルトラカプセルの姿になりました。

リトルスターが発症する(宿る?)タイミングはいつになるのか解りませんが、もしかしたらレイトがゼロと縁を持つことはある意味運命だったのかもしれない。

そして、当のゼロもマユちゃんを自分の娘扱い。
『俺の娘に手を出そうなんざ2万年早いぜ!!』と 父 性 大 爆 発 !!(笑)実の父親のレイトさんにまで突っ込まれる始末。

それにしてもゼロは地球人換算だとだいたい高校生から大学生ぐらいの年齢の青年らしいけど、お兄さんを飛び越えてお父さんでもいいのか?セブンにいきなり孫ができてしまうのか?

まあ、レイトさんがほほえましく感じてるみたいだからいいけど。


・ライハの剣をまんまと逃れた伏井出ケイ。

今回はマユのリトルスターを狙いつつ、ライハを狙っていたのでしょうか?
何しろ不測の事態も楽しむ人間っぽいのでどこまでが策だったのか何となくわかりにくい。
ケイはリトルスターを見つけることができる目を持っているみたいなので、宿っているのがあのレイトの娘である事も解っていたんだとは思いますが…。

…と、「人間」と書きましたがケイについては今回ストルム星人という宇宙人であることがさらりと判明してしまいます。
久々に登場したAIBのモアとゼナの会話からケイの所在、経歴を辿れないという情報とも合わせて、完全に「事態を面白がってベリアルに力を貸している地球人」であるという線は消えました。

こうなってくるとウルトラカプセルを盗んだ者もケイ自身である線が濃厚な気がします。
また、6年前のライハの時の失敗からリク(ジード)にカプセルを集めることにしたのかもしれません。

果たしてストルム星人とは何者なのか?
どうやってベリアルと繋がりを持ち、ジードにカプセルを集めている理由は?そして、ジードを「ヒーロー」にしようとしている節がありますがその理由は?

AIBもケイの行動に目を付けたようようですし、そろそろケイの最終的な目的も明らかになってきそう?
ますます目が離せそうにありません。


・自分を律し、覚悟を決めて戦っていたライハの悲しい過去は見ていて本当に辛かったですが、リク同様、彼女がケイを殺さずに済んだ事を心底良かったと思っています。

やはり彼女の本当の顔は、マユを諭していた時のようなあの優しい表情の方だと思うのですよ。
これからも「戦う」ことは止めないとしても、誰かの命を奪うような戦いはせずに済めばいいなー。


次回は久しぶりにAIBの出番!!
地球に飛来したザンドリアスの目的を探る為、心を読む事ができる宇宙人を招くという話らしいですが…。

モアの恋心がついに明らかになってしまうのでしょうか?(リク以外にはバレバレですが)

関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ