desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

『相棒season14』について色々 

・シーズン13の衝撃的なラストから1年。
新しい相棒(?)冠城亘を迎えた『相棒14』は3月16日に最終話を迎えました。

色々あって毎度感想を書くのはやめてしまったんですが、個人的には相も変わらず半年間の放送を楽しむ事ができました。

やっぱり感想を書くことを決めていると「感想を書くために観る」という側面が出てきてしまって普通に楽しめなくなってたみたいです(^^;

・そんな訳で最終回の感想はあえて構えて書く事はしませんが、シーズンのけじめとして色々思った事を書き残しておこうと思います。

・カイト君に代わり法務省からやってきた超異色の相棒「冠城亘」。

警察にシンパシーを抱く人間では無く、その上、官僚としては自由人過ぎる亘は、ある意味右京と共通点(組織のはみ出し者)を持ちながら完全に敵対してもおかしくない立場。

伊丹や芹沢、角田課長に米沢さんどころか、右京さんにも終始「同居人」と言われてしまう相いれない存在で半年が進んでしまうというのは異例といえば異例だったんじゃないでしょうか。

警察庁のスパイという立場だった初期の神戸君とも状況は似ていますが、神戸君はそれでも「警察官」であり、最終的には右京さんに特命係に迎え入れられますが、亘は本当に最後の最後の「瞬間」までは「お客様」という立場でいるとは思ってもみませんでした。

何しろ、亘は兎に角強引だし手前勝手。特命係に自ら木札作成で居座り、最初に米沢さんを騙したので米沢さんの亘に対する印象は最悪。右京さんと組んでたのに(多分)幽霊が怖いから山狩りに参加しなかったり、自分の一存で令状の執行を止めたりもする(これが原因で法務省から出向する羽目に陥ったんですけど)。

本人は本人で信念を持ってやってるようですが、兎に角共感を得にくい人物である事は間違いない。

でも、これ右京さんにも言える事なんですよね。

主人公という視点で観ているし、これまでの様々な過程を知っている視聴者はある程度右京のやり方について理解してるからそれ程反感も抱かない。
でも、全く右京と同じやり方だったとしても、別の人間が同じ手法をとったら相当腹立つと思うんですよ(笑)

冠城亘は法務省という捜査畑には全く関係ない部署からやってきて自分の好きなように振る舞う。
杉下右京は捜査に携わらない部署にいるのに自分の好きなように捜査を始める。

右京が亘を気にいらないとしたら、勿論強権を発動するような強引なやり口に感心しないというのもあるんでしょうが、自分とまったく似てないけど合わせ鏡のような行動とる人物への同族嫌悪、…もあるかもしれない。

薫、尊、享とこれまで存在した「相棒」とは違う。真っ向から右京と敵対する事ができる人物が「相棒」であるという設定は面白かったように思います(まあ、右京さんにとって彼はアウト・オブ・眼中の「同居人」でしたが…)

・今期お気に入りの話オーソドックスでは結末がいかにも『相棒』らしいと感じた第2話の「死に神」。
男の身を滅ぼすまでの執念が恐ろしい「ファンタスマゴリ」。
明らかになった真相が切ない「はつ恋」。
本多親子の他者には理解しがたくも熱い繋がりとその結末が悲しい「英雄~罪深き者~」。
芸人の絆が印象に残る「スポットライト」。
目撃証言を拒否し続ける男の存在を中心に、右京と亘のそれぞれの立場に立つが故の対立が浮き彫りになる「警察嫌い」。
そして、完全にSF!!な「物理学者と猫」。

特に「物理学者と猫」は基本刑事ドラマなのに何でもありな『相棒』だからこそ飛び出した名作だったと思う。
久々にこれがあるから『相棒』観るのやめられないよね~と感じた一話。

・来期は一体どうなるんでしょうね?

一応、最終回でスタンドプレイから法務省を退職せざるを得なくなった亘は日下部事務次官のウルトラCもあり、次は本当に警察官になる様子。
(シーズン中色々嫌な思いをさせられた米沢さんが出向になった警察学校で手ぐすね引いて待ってるらしいという事実がかなり笑えますが)

真実は、気まぐれな出向のつもりが捜査に興味を持ってしまった亘自身は警察官になる事に少し心ひかれながらも、イマイチ踏ん切りがつかなかったのを、日下部が背中を押したという事になるようです。

そんな“天下り”ありえるのか?とも思いますが、それを言ったら右京さんなんぞもうとっくに懲戒免職になっててもおかしくないと思うので、もうこれはそういうものなんだと受け入れるしかないと思う(笑)

(後、懲戒免職で思い出しましたが、甲斐さんは息子をあんな目に遭わされた(個人的には例の事件の責任の一端は右京さんにあると思ってます)癖に何だかんだ言いながら、右京さんの事が好きですよね…。)

・果たして本当に来期、亘は特命係にいるんでしょうか?
まさか、キャストの都合で「亘は警察学校で篩にかけられ、退職した」という展開もこのドラマにはありうると思ってます。

まあ、多分あの終わり方なんで次のシーズンだけでも警察官の冠城亘が存在する事になるのかもしれません。
個人的には右京さんと真っ向勝負を挑む亘にはもう少しご登場願いたい所ではあるのですが…。

それと気になってるんですが、亘は何となくいつか誰かに刺されるような気がして仕方がないんですが…。
最終回でも昔の元カノらしき人物に言われてたし。

まさか、次シーズンで初めて殉職する相棒になるんじゃないでしょうね?と、かなり不吉な事を考えつつも(汗)来シーズンの『相棒』の放送を待ちたいと思います。






関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


[ 2016/04/02 15:59 ] 相棒 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ