desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season14 第7話「キモノ綺譚」 

・『相棒14』第7話の感想のようなものです。

・事件があれば突入し、事件が無ければ自ら巻き起こす、「『相棒』界のうっかり八兵衛」こと幸子さんが事件を呼び込む話。

普通なら口紅で書かれた恨みごとのような書置きを見たら気持ち悪がって速攻家族なり知り合いなりに相談するところだけど、いきなり持ち主に特攻を(しかもノープランで)かまそうとするあたりはいかにも幸子さんらしい。

・と、ひょんなことから冠城さんに幸子さんの素姓が発覚。
「前科あり」にちょっと怯んだようですが、右京さんとの関係が気になってるあたりまだまだ彼女に気があるのか?
あるいは唯の好奇心かもしれませんが。

・相変わらず他人のプライベートにズカズカ入っていく右京さんでしたが、今回は子供が登場したので少し苦戦。
しかし、マリオカートで遊ぶ右京さんという超珍しいシーンが見れたのがちょっと嬉しかったり。

右京さんは画面に合わせて体が動く人(笑)

・ドラマの演出上、愛と幸子が同一人物のいわゆる「多重人格」だという事は比較的早く気づけたけど、右京さんが何故追求を続けたのかはなかなか気付けなかった私…。

そうですよね。戸籍上、愛も幸子も存在するのに姿を現してる「幸子」が「愛」の別人格だったとしたら、本物の幸子はどこに行ったのかという事になる。
母親が頑なに多重人格の秘密を守り、身辺を探られる事を極端に嫌ったのもさもありなん。
“娘たち”を守りたかった母親の気持ちも判らないではない。

更に愛は「幸子」と折り合いをつけて暮らしていたようなので、右京さんがこの事に首を突っ込まなければ彼女たち家族はそれなにりに平穏に暮らしていけたかもしれない。

とはいえ、不自然な二重生活が一生続くのは愛にとって本当に幸せなのか疑問だし、今は二人の不思議な姉を受け入れている弟にもそれなりに悪影響がありそうだし…、このタイミングで発覚したのはこの家族にとって良かった事なのかもしれない。

ただし、愛が彼女の中の「幸子」の抑圧(例の手紙)を知ったにもかかわらず現状を治そうという気があまりないみたいなので、すんなりハッピーエンドとはいかないような終わり方ではありましたが…。

・「愛」にもう一人少年の人格があると言う展開には少し驚きました。
実は弟もこの不自然な家族関係の中で多重人格を発症しているのかと思ってしまった。姉どころか友達まで受け入れてしまっている彼の今後が少し心配。

・特命係のお客様、冠城さんはついに自らの手で木札を作ってかけ始める…。
薄っ!でかッ!!そして、右京さんに大きさを直されてしまうという一連の流れは大いに笑わされたのですが、この木札が登場した途端に新グッズの宣伝が入ったので更に大爆笑でした。

関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2015/12/08 21:59 ] 相棒 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ