desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season14 第6話「はつ恋」 

・『相棒14』第6話「はつ恋」の感想のようなものです。

・事件の「被害者」が新進気鋭の芸術家と言う事から、今回はやたら目ったら気合の入った小道具(それともあの規模だと大道具っていうのかな?)が印象に残る回。

特に死んだ山本と彼を養っていた玲奈を繋ぐ「青い鳥」は子供が作った作品という前提を忘れるぐらい綺麗だと思いました。

・互いが“初恋同士”であるという恋人たち。
しかし、彼らには離れがたい「秘密」を抱えていた…。

・出会った時は本当に「美しい思い出」だった。
しかし、互いの関係が殺人の「加害者」と「それをさせてしまった者」に変化してしまった時、二人の関係は歪なものになってしまう。

「事件」さえなければ玲奈は呵責から山本の面倒を見続け、暴力を受けても耐え続ける事は無かっただろうし、山本も玲奈に寄りかからず、素直に芸術の道を志していたに違いない。少なくとも死を選ぶ事は無かっただろう。

あるいは、偶然が重なれば幼き日の甘い思い出が二人を本物の「恋人同士」にしたかもしれない。

・彼女と共有する秘密を拠り所に、自堕落な生活を続けていた山本はどうかと思うし、過去の出来事を誰にも話せなかった玲奈に全く罪が無いとは言えないと思う。
それでも、彼らは「悪人」には感じられない。
(むしろ無理心中を図った玲奈の父や、芸術家の秘密を脅迫のネタに仕事を続けていたディレクターは間違いなく「悪」だと思うけど)

あの時ああすれば、こうすればと言うのは意味のない仮定ではありますがそう思わずにいられない。
「はつ恋」はその言葉の内包するものと同様、切ないイメージの残る脚本でした。


・話変わって、冠城がなんだか超うざい(笑)シリアスな時とちょっとギャップがありすぎませんかね?
嫌では無いけどどうした!!と、突っ込みたくなってしまう。

冠城は本性を見抜いている右京さんの前では兎も角、警視庁にいる間は、もう少し取り繕うのかと思ってたんですが…。

特に米沢さんとの関係は微妙に悪化して言ってるように見えるんですけど気のせいかな?(^^;
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


[ 2015/11/30 23:05 ] 相棒 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ