desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

血界戦線 第6話「Don't forget to don't forget me」 

・『血界戦線』第6話「Don't forget to don't forget me」の感想です。

・ヘルサレムズ・ロットにおいて唯一大崩落前の面影を残す場所「42番街」。
莫大な維持費をかけてかつてのニューヨークを再現し、異界人を隔絶するその場所は通称「隔離居住区の貴族(ゲットー・ヘイツ)」と呼ばれていた…。

H・Lでは42街区にしか無いハンバーガーショップ「ジャック&ロケッツ」で買い物をしたレオはその帰りにきのこそっくりの異界人・ネジと出会う。
ヘルサレムズ・ロットにありながら異界人は決して入る事はできない街、“月より遠い世界”で売られているハンバーガーに憧れるネジは、トラックにはねられようが、食べかけであろうが、代理購入に法外な値段を吹っかけられようが全く気にしない…。
それを見かねたレオは今度から自分がネジの為にハンバーガーを買ってくると約束する。
ハンバーガーの受け渡しを通じて徐々に親交を深めていくレオとネジ。しかしある日、42街区付近で集団昏倒&記憶喪失事件が発生。
ネジがその事件に巻き込まれたのではないかと心配したレオは42街区に急ぐが…
・全12話の『血界戦線』も早くも折り返し地点(あっという間だったな~)。
続けて見続けてきた視聴者は恐らく、異界人と人類が普通に混ざり合って生活している世界にすっかり慣れたところだと思います。そして、この街に住む人々は、異界人を受けれいて生活しているのだと。

でも実はこの世界の人類にとっても未だ異界の人々は「化物の群れ」というのが普通の感覚。
レオの方が街に“毒されて”いて、ホワイトも人間同士でも争いが無くならないのに、人界と異界は決して分かり合えないと断言しています(ただ、彼女には何か別に思う所もあるからそう断言しているように感じるのですが…)。

今回登場する街「42番街」はその象徴で、ヘルサレムズ・ロットという人界と異界がまじりあう場所にありながら決して周囲になじむ事は無く、街区の外の世界を認めていないように見える。そこに住む人々も、目の前でトラックにひかれたのが異界人ならば何とも思っていない。彼らにとって異界人は「人」ではなく単なる「化物」なのです…。

そんな「隔絶」の象徴のような街の前で人類のレオと異界存在のネジは出会います。
言わばレオの個人的な憤りからのおせっかいから始まったような交流でしたが、彼らはハンバーガーをの受け渡しを通して確かな友情を育んでいきます。

・レオは結構「強い」。
眼以外は極々普通の少年ですが、単身妹の為にヘルサレムズ・ロットに乗りこんだり、人に頼らず自分の力で何とかしようとする気概がある。
そして、今回のエピソードでも判るように、周囲のメジャーな感覚に流されることなく、理不尽な事に憤る、という普通の感性を発揮できる。これも一つのレオの「強さ」であるように思います。
ただただ、「いい奴なだけ」じゃないんですよね…。

・ネジは、偶然彼が多大なストレス下において記憶喪失する胞子を噴出する特質をもつ種族である事を知った悪党に捕まり、滅茶苦茶に殴られてしまいます。(このシーンが滅茶苦茶見てて辛い!!後々の展開を知ってても胸が痛くなる…)
一時は胞子を噴出しそうになりながらも、レオの事を忘れたく無くてその痛みを我慢しようとしてしまうのです。

しかし、ネジを助けようとして逆に殴られて血を流すレオを見た時、頭部が大きく膨れ上がり一気に胞子が噴出!
結果、レオも巻き込んだ何千人規模の記憶喪失事件が発生する事になる…。

ネジは「人間」に殴られていたにもかかわらず、同じ「人間」のレオの事は忘れたく無かった。
逃避したい「現実」は殴られ続ける事では無く、レオを失ってしまったかもしれないという事。

けっして分かり合えないと言われていたにも関わらず、ほんの些細なきっかけで芽生えた「友情」。
しかもこの友情はレオの一方的なものというわけではなく、ネジの中にもきちんと存在している事は明らかでした…。

・結局あれだけ仲が良かったにもかかわらず、レオはネジの事をすっかり忘れてしまいました。
毎日のようにハンバーガーを買っていた事も覚えていません。

しかし、レオの中には記憶として忘れてしまってはいてもちゃんとネジの事が残っていました。
「ジャック&ロケッツ」のチーズバーガーを食べた時、レオは理由もわからず思わず涙ぐむレオは、背後でバスにひかれた異界人と出会います。
車両にひかれた事もものともせず、ハンバーガーをねだるのはハンバーガーが大好きなネジ。
彼もレオの事は全然覚えていません。しかし二人は同じようなシチュエーションで出会い、レオはたまたま余分に買っていたハンバーガーをネジに手渡すのでした。
失われたはずの「絆」は再び戻ってきたのです…。

・因果応報があるお話です。
悪い奴にはきちんと罰がくだり、レオのもとにはきちんと友情が戻ってくる。
途中、辛い場面もあるお話ですが、ほんのりと心が温かくなる結末が大好きです。

・「Don't forget to don't forget me」は原作でも人気エピソードの一つ、ということでどんなふうにアニメになるんだろうとワクワクしてたんですが…想像以上に良かったです。

もともとのエピソードの良さもあるんですが、ネジの声を担当するのが大谷育江さんと聞いた時「ああ、これは駄目だなー。多分泣いちゃうだろうな~」と思ってました。

個人的に大谷さんの声は魔法の声と思っている。
可愛いのはもとより、その喋る言葉が人語であろうが無かろうが心にじんわりとどき、特に何かを訴えかけてくるようなシーンだとそれが顕著で、決して強く叫んでなくても心を揺さぶられる。まさに人の感情に訴えかけてくる「声」。

出来るだけこらえようと思ってたのに、レオにまた一緒にバーガー食べようねといったところで涙腺崩壊。自然と涙が流れてくる…。改めてやっぱり大谷育江さんは凄いと思ってしまった。

・凄いと言えば、今回トラックの運ちゃんの一人、マーティンを演じる梶さんも凄いと思ってしまった。

登場当初ちょっと悪どいところはあるもののごくごく普通の兄ちゃんという感じだった(むしろ相方のロジャーを止める方だった)マーティンが「記憶喪失」の秘密に気付き、犯罪に手を染め、だんだんと狂気じみていったのが凄く伝わってくる演技で非常に怖かった。
実際行われている暴力も怖いんだけど、何よりもこのマーティンの声に「嫌だー!!」と感じてしまう。

『血界戦線』 見てると声の力って凄いと改めて思う。

・オリジナルエピソードの方はとうとう、レオがホワイトのお兄ちゃんとご対面。
でも、レオと一回会ってるじゃんと思ってたら当の本人は初対面だといい切ります。

これは何かを企む故なのか、それとも本当に今の「彼」は初対面なのか…。
ホワイトの態度が普通だったのでその可能性もあるかな?と。
でも、ブラックと呼んでという前に微妙な間があって、それを見てると彼はあの「絶望王」のようにも思う。

毎度メインストーリーがどのように演出されるかも気になっていますが、じわじわと最終回に向けて進行するオリジナルエピソードの行方も気になる。
レオと同じ「兄」という立場のブラックはレオとどのように関わっていくのでしょうか…。


・次回はこれまた大好きなお話です!ステゴロ最強回「拳客のエデン」。
予告は何とクラウスだったんですが、一言もしゃべらずに鼻歌で終わっちゃうとは思わなかったわ(笑)←次回のノリノリのクラウスを表現?

今回クラウスは姿は見せたものの一言もしゃべらなかったのにね…。









関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 血界戦線 - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 内藤泰弘 血界戦線



この記事をリンクする?:




りとらさん>
あの予告は深夜には凄い不意打ちでした。
何が起こったのかと自分の耳を疑いましたよ(笑)
[ 2015/05/19 23:39 ] [ 編集 ]


あの鼻歌クラウスだったんですね(笑)
予告がいつも以上に予告していなかったんで笑っちゃいました。
[ 2015/05/13 14:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ