desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

1!!!!!! 

『血界戦線』放送まであと1日。遂にこの日がやってきました!!
今日ならば動画配信サイトの限定配信で既にご覧になった方もたくさんいらっしゃるんではないでしょうか?
私はひとまず、本放送待ちです。ファンを公言する人間がこれではいかんのかもしれませんが、とりあえずマイペースで応援する所存です

カウントダウンもどきをやる為にコミックをまとめて読み返してるんですが、改めてこの漫画の持つふり幅の大きさを感じています。
『トライガン』のような長編漫画も面白いのですが、毎回趣向が異なるオムニバス形式の漫画は、先の展開を気にすることなく読める気楽さがあるような気がする。

人によっては具体的な敵の存在が無かったり(ブラッドブリードがいるけどこれもクラウス達が戦う理由の一つでそればかりが登場するわけではない)、レオ以外の登場人物たちの背負う背景が未だ判らなかったり、ガッチガチの設定が無い事を物足りないと感じるかもしれないけど、とりあえずどの話から読み始めてもそれなりに理解できるところがこの漫画のいいところだと思う。
とりあえず「技名を叫んでから殴る」を理解していれば面白く読む事ができるのがいい。見開き多用なアクションもいいし、叙情的な話も素晴らしい、なんて事をもう一度感じたりしています。


アニメが始まればコミックスを読む人も増えると思うので、是非原作の良さを味わっていただきたい。
そしてこれから味わえる人を私は心底羨ましく思っています。
(本屋さんでコミックスが平積みされてるともう一回買いたくなるもんな~。それぐらい好きなんですよね

血界戦線 9 ─鰓呼吸ブルース─ (ジャンプコミックス)血界戦線 9 ─鰓呼吸ブルース─ (ジャンプコミックス)
(2014/06/04)
内藤 泰弘

商品詳細を見る


第9巻。表紙は満を持して、「神々の義眼」の持ち主で物語を見届ける役割であるレオナルド・ウォッチ。

この巻は、ツェッドの意外な出自と過去が明らかになり、トラブルに巻き込まれたツェッドの為にレオ、チェイン、ザップが奔走する「鰓呼吸ブルース」(前後篇)、世界の均衡を守るという仕事で忙しいK・Kが子供との約束を必死で果たそうと奔走する「BRATATAT MOM」の3編を収録。

「鰓呼吸ブルース」(前後篇)
人類でも異界存在でも無い、唯一無二の“生み出された生命”だったツェッド。
ツェッドを当たり前に受け入れ、彼が酷い目にあわされれば激怒する仲間が存在する事で、彼の選択(絶望的な「孤独」を味わう事になる外の世界で生きる事)が決して間違いではなかったと証明されます。

普段は何かとクズっぽい行動の多いザップですが、今回は文句なしにかっこいいです(もともと案外仲間思いなキャラクターではありますが…)普段冷静なチェインが怒ってるとわかるシーンがあるのもいい。

「BRATATAT MOM」
K・Kのお母さんっぷりが非常に微笑ましいハートウォーミングな話。
コミカルな展開ですが、恐らく仕事を持つ母親の誰もが持つ苦悩や悩みが描かれていて、私自身は子供がいないですが非常に彼女にK・Kに共感してしまいました。内藤先生って女性のそういう細かい部分とか乙女心とか、描くのが上手いような気がする。
また、母親だけでなく親そのものの役割についても何となく考えされられる話でもあります。

関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2015/04/03 22:55 ] 内藤泰弘 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ