desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

8,7!! 

なんと昨日は何だかんだでPCが立ちあげられず更新できませんでした!!
今日もぎりぎりヤバかったです。

そんなわけで2日分のカウントを一日で更新させていただきます。
先が思いやられるな~。

血界戦線 2 世界と世界のゲーム (ジャンプコミックス)血界戦線 2 世界と世界のゲーム (ジャンプコミックス)
(2010/11/04)
内藤 泰弘

商品詳細を見る


第2巻です。表紙は斗流血法の使い手、陽気なチンピラ・ザップ。
この巻はクラウスの一風変わった“闘い”が描かれる「世界と世界のゲーム」、そしてライブラの宿敵・ブラッドブリードとの対決が初めて描かれる「トーニオ・アンドレッティ最後の19時間」、「BLOOD LINE FEVER」を収録。

「世界と世界のゲーム」

主人公のアクションを描かず、“戦闘”を描く。個人的には『血界戦線』という作品の方向性を確信できた作品。
この漫画がただ単純にレオやクラウスだけを主役にして描く物語ではなく、ライブラという組織の構成員たちとこの不可思議な街そのものを描くオムニバスものなんだとわかったのはこの話を読んだ時でした。

月並みな言い方ではありますがこれを読んだ時「この漫画本当に面白い…」と心底思いました。

「トーニオ・アンドレッティ最後の19時間」、「BLOOD LINE FEVER」
掌編で物語の導入部を描き、長編で本編を描く構成の作品。ライブラの宿敵であるブラッドブリードのとんでもなさが描かれた作品。
「世界と世界のゲーム」もそうだし、「魔封街結社」もそうでしたがヘルサレムズ・ロットには無敵なように見えるライブラの構成員たちでも相手にできない存在が無数に存在している。
実は冷静に見ればかなり人類にとっては結構絶望的な状況なんですが、ライブラがそれを“全く悲壮感無く”相手している、と描いているのが面白い。

この巻ではクラウスの師匠のエイブラムスが登場。あまりの豪運(←って言葉がもう凄いなーと思っちゃうんですが)に爆笑。特に魔術的な何かが隕石に当たるところはそのシュールな絵面にお腹痛くなるほど笑いました。

ところでこの話についてと全く関係ない事ですが、異界人の名前やこの漫画に登場する一般名詞は本当にタイピング泣かせだと思う(一発で書けた試しがない!)


血界戦線 3 ―震撃の血槌― (ジャンプコミックス)血界戦線 3 ―震撃の血槌― (ジャンプコミックス)
(2011/05/02)
内藤 泰弘

商品詳細を見る


第3巻。表紙は不可視の人狼・チェイン。
この時期に震災が起こったのでカラーの口絵はちょっと特別なものになっている。使われているキャラクターが普段のふざけが過ぎるザップであるというのが印象的。
この巻はクラウスの副官・スティーブンと諜報のエキスパートであるチェインの日常を描いた「Day In Day Out」、ブローディ&ハマーの初登場と文字通りのモンスター・トラックとの戦いが描かれる「パンドラム・アサイラム ラプソディー」と「進撃の血槌」を収録。

「Day In Day Out」
スティーブンとチェインがメインを務める作品。スティーブンのあのセレブな感じはあまりにもらしくてちょっと笑っちゃったような。そしてK・Kの言う腹黒さを理解できるようなキャラクターである事も明らかになる…。
結構怖くてこの人は多分一組織の長なのに何でクラウスの副官に収まってるんだろうと、当時は思っていたような。
とはいえ、この話は結構彼にとっては可愛そうな話でした(最後にちょっとした救いはありましたが)。
そして、チェインの方は、彼女は彼女なりにレオの事を気にいていてちゃんと「仲間」と思っている事が明らかになります。

と、スティーブンとチェインの話なはずなんですが何故かザップのクズっぷりがやけに印象に残る話でもある。

「パンドラム・アサイラム ラプソディー」と「進撃の血槌」
ブローディ&ハマー初登場回。K・K姐さんがハマーをかわいいと言ってますけどこれにはかなり同感です。
見た目ごつい感じだけど、弟キャラで何か可愛いんですよね~。
デルドロとの掛け合いも面白い。
モンスタートラック破壊作戦のプロセスは見てて非常に気持ちいい…んですが、レオがかなりひどい目に遭っていると思う(笑)



関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2015/03/29 00:21 ] 内藤泰弘 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ