desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

『相棒season13』 第14話「アザミ」 

・『相棒13』第14話「アザミ」の感想です。

・今回は前回のコメディータッチの前話とは打って変わってのシリアス回。
しかも、かなり質のいいミステリ回でした。

・ゴシックな雰囲気さえ漂わせる状況設定は一見作り込み過ぎかと思えますが、現代にこの状況を違和感なく登場させられるのはやはり『相棒』ならではのような気がします。
“双子の入れ替わり”というトリック自体はありがちなものではありますし、観ている私も予想できたものでしたが、そのほかに使われたトリック(叔父夫婦がたくらんだ姪の殺害方法や、受話器の指紋など)にもきちんと拘りが感じられ、非常に面白かったです。

また、犯人である双子を演じた笹本玲奈さんの演技も見ごたえがありました。
特に、協力者に引き入れるべく、叔父夫婦の罪を知りながら黙っていた横谷脅しをかけるシーンの気迫には思わずのまれそうになりましたよ。
どんな方なんだろうと調べてみたら舞台を中心に活躍中の女優さんとか。本当に素晴らしい方でした。

・自分たちが利益を得るため、自分たちに満場で恥をかかせた姪を残忍にも殺害した叔父夫婦(しかも自分たちの手を汚すことなく、一思いにでも無く、姪を恐怖で追い詰めながら殺すってのが最悪さ具合に拍車をかけている…)に復讐した双子の「姉」には同情を禁じ得ません。

とはいえ、罪は罪。

右京が真相を明らかにするのは当然のことですが、それと同時に、右京は偽りの「妹」を演じ続け、たった一人戦い、真相にたどり着くのではないかと感じていても捜査に協力した奏の気持ちに応えていたようにも感じられました。

・殺されたのは双子の片割れだけでしたが、ある意味生き残った奏も彼女としての生を生きられない以上「殺されていた」。そんな彼女を救うべく、右京は真相を明らかにしました。響では無く、「奏」を生き返らせるために。
 
出来る事ならば事件のあった時に彼女を救いたかった事でしょう。しかし、それが敵わない以上、これが右京のできる精一杯。
右京は奏にこんな形でしか奏に戻れなかった事を「残念です」と伝えますが、奏では優しい表情で「私は杉下さんに会えてよかったと思っています」と感謝を伝えます。

“彼女たち”は右京が事件を解決する事で一種の救いを得ますが、結末には悲しみがつきまとう。
 
響が亡くなった部屋に花を供える右京に少女たちに対する強い哀惜を感じます…。

・今回は間違いなく、今シーズンでもベストに入る話でした。
脚本は太田愛さん。今シーズンでは「幸福の行方」に続く二回目の登板でしたが、コミカルさが際立つ8話とは違ったテイスト(しかも結構ツボに嵌まる)話でした。
カイト君卒業のニュースが流れた当日の放送という事で、彼の活躍があまり無かった事は少し残念でしたが、非常に面白かったです。

・次回は何と今シーズンのキーマンである杜美彌子も登場。彼女は最終話まで登場しないと思っていただけに、ちょっとびっくりしました。
どうやら右京と共に監禁される事になりそうですが?と、なるとカイト君の活躍を期待したい所。
今シーズンも残り少ない話数となってきてますので、今後の展開が楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ