desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season13 第11話「米沢守、最後の挨拶」 

『相棒13』第11話「米沢守、最後の挨拶」の感想です。

・つけられたタイトルが衝撃的。予告も何となくそれをにおわせ、公式サイトのブログでも特別インタビューが掲載されたりと、やたらめったら煽ってくれましたが、長年『相棒』を見てきた人の誰がこれで本当に米沢さんが卒業するなんて信じるんだろう…と思ったのではないでしょうか?少なくとも私はちっとも思わなかった。
だいたい、米沢さんがいなくなると事件が特命係の捜査に結構支障が出るし(笑)、脚本の面でも米沢のような人物は色んな面で「助け」になるのでような気もするので、今更これだけ育ちきったキャラをいきなり他の人物に替える事は無いと思うし…。
だから同じ理由で三浦さんに代わるキャラクターも今更出ないと思っている。全く方向性の違うキャラクターならアリだと思うけど。


…と、なんかグダグダと書いてしまいましたが、私が米沢さんがいなくなるという事が全く考えられなかったというのは「米沢守」というキャラクターがそれだけドラマ内で血肉を得ているキャラクターであり、捜査一課の伊丹や芹沢同様、「相棒」というドラマには決して欠かすことができない主要人物であるという事だからだと思います。
なんてたってスピンオフでも充分話がもつほどの人物ですから…。

(でも今更公式サイトを見て、本当に米沢が卒業するのではないかと心配された方も結構おられた事を知る。確かに人によってはあの煽りは腹が立つやり方でもありますよね…。なのでこの書き出しでも不快になられた方は申し訳ありません)


・米沢が本当に失敗せず、ただ彼を陥れる為にDNA検出用の綿棒のすり替えが起こったとして、それができるのは単純に考えて警察関係者だろうと思ってたので、その前段階にワンステップ犯人がいた事は意外でした。
ただ、あの鑑定用の綿棒を個人で手に入れる方法がよくわからなかったけど、彼の前職を踏まえてツテがあったという事なんでしょうかね?
なお、「犯人」が事件の着想を得た「ハイルブロンの怪人」はテレビでも紹介されていた結構有名な事件(?)だったんですね。『相棒』放送後記事など読んでみたんですが、DNA鑑定という現在結構重視されている証拠物に対する信頼に関わる、結構怖い事件だと思いました。


・正直言うと、米沢が師と仰ぐほどの人物だった“犯人”が、周囲からのプレッシャーを感じていたとはいえ、一つのミスで証拠隠滅に走り、更には米沢に自分のミスを重ねようとした事は腑に落ちない。
しかも自分のミスがきっかけで事件の犯人が捕まらない事を恐れてた…って。それだけ周囲の期待がプレッシャーだったというのは、米沢の持ち上げ方からしてもわからないではなかったけど…うーん。

・実際この犯人は存在しなかったんだけど、この辺りは存在しない犯人を追わされた一つ目の事件の内容に絡んでるあたりは面白いと思う。


・米沢が師と対決するシーンはかなり印象に残るシーン。
自分に鑑識のイロハを教え、技術だけではなく鑑識に大切な心構え(自分の仕事が多くの人の人生を左右する事)を教えてくれた師。
それにもかかわらず彼はそれを蔑ろにし、自分の失敗を隠そうとした。
米沢は自分を陥れられた事よりも、その自分に教えてくれた大切なものをその人自ら汚した事に怒っている。
最初の米沢を陥れた犯人と対峙した時は、単純に無関係であったにもかかわらず自分を巻き込んだ「怒り」が全面に出てたけど、「師」との対決の場面では同じように怒ってるんだけど、その怒りには「悲しみ」が伴っていて、見てる自分も少し泣きそうな気分になってしまいました…。


・今回の事件は米沢さんにとっては踏んだり蹴ったり。しかも、かなり悲しい結末となってしまいました。
しかし、彼は目標を失ったとしてもそこでへこたれる人間ではありません。今後は彼が目標とされる鑑識係員となるのです(今までもそうでしたが…)。
しかも米沢は既にプレッシャーに負けない覚悟も決めている。悲しい事件ではありましたが、米沢の今後の活躍が更に期待されるエンディングとなっていました。

・事件の内容自体はちょっと突っ込みどころもあるかなとは思いましたが、米沢の成長が感じられるストーリーは結構面白かったです。
 更に特命係だけでなく、珍しく伊丹が右京たちの“独自”捜査に協力的に見える場面があったりして、普段は嫌味を言ったりもしてますが、伊丹達の米沢に対する信頼も感じられるシーンに感じられてちょっと嬉しかったです。

米沢さん、愛されてるな~。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ