desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season13 第10話「ストレイシープ」 

・『相棒13』第10話「ストレイシープ」の感想です。

・右京は交流のあった西田悟巳という女性の葬儀に参列していた。彼女の遺品に右京宛の手紙があったからだ。
その手紙には右京への重いと、恋がかなわなかったために自殺するというような内容が綴られていた…。

一方、年の瀬に都内で6歳の少年の誘拐事件が発生する。
誘拐犯からは今の妻ではなく、別れた生みの親に1億2千万円を用意させろという指示。母親の梶村は著名な投資コンサルタントとして知られ、彼女の財力を見越した上での誘拐だと思われた。

右京と享も珍しく中園参事官に許され捜査に参加するが、事件は思わぬ結末を迎える。

誘拐事件の裏には新タイプの犯罪を次々と考案し、決してそのしっぽを捕まえさせる事が無い「犯罪の神様」と呼ばれた男・飛城雄一が関わっていると目された。
誘拐事件から数日後ネットの動画サイトに元東京地検のエースで現在は衆議院議員の橘高が「12月25日に犯罪を犯す」という予告がアップされる。橘高は飛城追求の急先鋒。警察も警護を開始するが…


・放送開始当初は兎に角頭の中に「?」が乱れ飛ぶ。
現在進行形の誘拐事件と右京の知人である悟巳の死の謎、そしてそれに関わる「犯罪の神様」と呼ばれる謎の男・飛城を追う展開が同時進行する上に、事件そのものの背景もかなり複雑で、一時たりとも目を離す事ができない。
離してしまうとまず、置いてけぼりを喰らう。

しかし、今シーズンのキーキャラクターである仲間由紀江演じる社美彌子がほんの少しだけ登場したり、「バベルの塔」で非常にいい味を出していた警視庁一のスナイパー・日野警部補がまたしてもおいしい場面で再登場したりと年始のスペシャルに相応しい充実した豪華な内容だったように思います。
惜しむらくは大河内さんの出番が少なかったのが寂しかったけど…でも、元日スペシャルは出番があると苦労する大河内さんなのでこれはこれで良かったのかもしれません(笑)

そのかわりと言っては何ですが今回割と目立っていたが中園参事官。
映画や最近のシーズンで妙な味わいを身につけつつある中園参事官にまたしても謎な設定が!(妻の霊感が霊感持ち。奥さんの言葉に従って「紅茶」と「メガネ」というキーワードを持つ右京を捜査に参加させた…)
最後の最後で声を出して笑ってしまいましたよ。

また、今回は享と峰秋の関係に少し変化を感じる事ができる話にもなっています。

「死命」で父親と自分が切っても切れないものである事を自覚した享は、捜査の為に自分の持つコネを有効に使い、右京のピンチには父親にも頭を下げる事も出来る。
今回の脚本は「死命」と同じ脚本家さんが担当されていた事もあってか、それがちゃんと生かされた内容にもなっていました。

峰秋も享の無茶な申し出にすぐに対応し、更に享が間違っていた時は自分も警察庁を去る覚悟もある事もちゃんと口に出していたりしているところもいい。峰秋は無条件に身内を信じる人間ではないのでそれに即応したのは(ストーリー上の都合という事もあるでしょうが)、やはり峰秋なりに享を信じているという証拠だったように思います。

美彌子の登場といい、甲斐親子の関係の進展といい、ただ単に「スペシャル」で終わらず今後の展開に繋がりそうな内容が込められていた点も私としては見どころでした。


・今回は伊丹の台詞がなかなかよかった(「そういう親父パワーの使い方なら許す!」)。
もう一つ「特命係に飛ばされた奴は代々、暴走しがちなんだよな…。だから俺たちが見張ってやる」という台詞も伊丹のツンデレ具合がよく現れてて好き。
「死命」の時といい今回の脚本を担当された真野勝成さんは心なしか印象に残る伊丹の台詞を書かれているような気がする。


・なんだか伊丹とか享にばかり触れてしまいましたが、今回話の中心にいるのは間違いなく杉下右京でした。
あらすじや予告を見た時は闇に潜む犯罪組織の天才的なリーダーと右京の知恵比べを描くのかと思いきや、終わってみると犯人と右京、そして悟巳の奇妙な三角関係を描く割と甘酸っぱい内容だったように思います。


・自死をこころざすものの死に損ない、思わぬ犯罪の天才の遺産を受け継いで同じ時に自殺した人間たちの復讐をこころざした犯人。
犯人と共に死に損ない、彼の復讐に加担した末、右京を本当に愛するにようになった悟巳。
そして本当の感情はやはり計り知れないが、少なからず悟巳に心を許していた右京。
男の「復讐」はやがて、杉下右京と自分が愛した女の死をめぐる極めて個人的な決着に繋がっていきます。

男はその命さえ捧げてくれた悟巳の心が自分のものであると右京に見せつけ、自殺するつもりだった。一方右京は男の心情を悟った上で彼女が愛していたのは自分だったと男を煽る。彼の死を止める為に…。


・あれだけ大規模な犯罪網を登場させておきながら結局は個人的な復讐や恋情の果ての犯罪であった事は人によっては肩透かしだったかもしれません。
でも、個人的にはプライベートがあまり描かれない杉下右京の恋や感情にほんの少しだけ触れる事ができる今回のシナリオは非常に面白かったです。

結局右京の悟巳に対する感情も結局は謎のまま終わってしまいます。
でも、それがはっきりしてしまうのは野暮というもの。視聴者の心にゆだねている所も良かったように思います。


・盛り上がるところは盛り上がり、享の成長も描き、長年のシリーズのファンへのサービスもある。今回のスペシャルも非常に面白かったです。

次の水曜日の放送はお休み。次回は14日。「米沢守最後の挨拶」という結構不穏なタイトルがついています。
正直米沢さんがいなくなると右京さんにかなりのダメージなのでタイトル通りになるとは思えないですが果たして?

今年も変わらず『相棒』の放送が楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : 相棒



この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ