desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season13 第4話「第三の女」 

・『相棒13』第4話「第三の女」の感想です。


・捜査一課に浅木真彩という、警察庁に出向していた女性が新加入することになった。
早速伊丹、芹沢と共にビルから転落死した身元不明女性の捜査に加わる事になる。

現場に赴くと、既に右京と享が。
うきょうは死亡直前の彼女の行動から、転落死した建物の警備を担当していた会社の関係者ではないかと推理する。
調べると、彼女が警察庁退職後に警備会社に再就職した名取恵子という女性であることが判明した。
更に、彼女が勤めていた会社と警察庁との間の官製談合を告発しようとしていた事実が明らかになる。

彼女はその為に殺されたのか?そして謎な行動をとる浅木の目的とは?


・三浦刑事が退職した穴がついに埋まるのか(しかも女刑事!?)と思いましたが、今回起こった事件に深くかかわる人物…ということで、レギュラーキャラクターではありませんでした。

今回、第1話の主要登場人物が女性という事もあったので、ここらあたりでレギュラー女性キャラが増えてもおかしくないかな~とは思ってたんですが…。少し残念。
しかも、今回の真相が明らかになると、彼女が尊敬した女性警官と同じく退職する道を選んでしまいました。
芹沢君の言葉じゃありませんが、辞める事も無かったような気がしますが…。

ただ、出世欲から自分の出世に邪魔になりそうな優秀な女性警官を辞めさせたこともさることながら、極めて個人的な事情で浅木を動かすような上役が存在する事を思えば、辞めて別の道を歩む事を志すのもしかたない事なのかもしれません。


・その驚くべき記憶力で証拠物品である鍵が一つなくなっている事を指摘した右京さんと、自分の証拠保管に自信を持っている米沢さん。
前回の仲良しな雰囲気から一変して一触触発?と思ったら、やはり右京さんの記憶力が正しかった。
でも、右京さんの指摘に少しムッとしながらも、再度証拠品の点検をし直して謝る米沢さんは誠実だと思う。


・それにしても、浅木刑事を動かした上司も名取を殺害した犯人も非常に浅はかな人間でした。

談合の告発資料を私欲を満たすために使い、それを追及され、自分の身が危うくなるのを恐れて彼女を殺害した…。
でも、遠からず暴力団事務所などに手入れが入って防犯カメラの資料が警察に押収されれば、いずれ出所も明らかになったはず(手に入れた人物たちが彼をかばうはずもなく…)。

ジャーナリストとしての矜持も捨て、私欲に走って殺人まで犯す。本当に最悪な人間でした。


・浅木の上司の極秘資料を紛失してる事が発覚した際の発狂っぷり(いきなり鞄を被るのはどうよ…)はちょっと面白かった。


・面白かったと言えば、今回一番光ってたのは中園管理官!!
ああ、あなたはなんて面白い人なの!!ストレスがたまっているのですね…(でも、羊羹は握りつぶさないであげて。勿体ない)
右京さんにひっかけられたように喋ってしまったのがかなり気の毒 刑事部長にも睨まれるし…。


・事件解決後、結局退職した浅木さんに代わり、真相を解明した右京たちに礼を言った伊丹刑事。

おもいっっっきり自分の言葉じゃないと否定してましたが(笑)、本心は自分を礼を言っていたのかそれとも嫌味だったのか、ほんとはどちらなんでしょうか?

エリートでしかも女性の浅木さんを嫌がってるように見えましたが、彼女が真実を追求する為に必死だった事を知ったでしょうし、彼女のことを案外気にいっていたのかもしれません。
だから彼女の気持ちを慮った上での本心からの「礼」だったように思います。

伊丹は、優秀な人間だからといって排斥しようとした彼女の上司とは違う、嫌味を言いつつも認める所は認められるにんげんですから…。

関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ