プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

聖闘士星矢Ω 第93話「刻の神!サターン降臨!」

・またまた前日の更新になってしまいました(^^;
「聖闘士星矢Ω」第93話の感想です。


・昴の中に潜んでいたサターンが遂に目覚めてしまった。
光牙達は変貌した昴に必死に呼びかけるが、その声は届かない…。

サターンは自らの記憶を封印し、人間たちを観察していたが改めて人間を愚かな存在と断じ、抹殺を決意する。
地球規模で時間を停止し、多くの人間の刻を奪ったサターンは居城、サターン城に君臨する。


・自分の記憶を封印し、人間を観察していたというサターン。
「昴」という人間を見てたんなら、人間の愚かさと同様に人間の持つ可能性も数々見てきたはずなんだけど…後者は全く無視して人間滅ぼすに傾いてしまうとは…。

なんて狭量!!と思うけど神様って案外そんなもんなのかもしれない。
心の中で全力で突っ込んじゃったけどさ。


・完全に神としての振る舞いをするようになってしまった昴=サターンに光牙はエクレウスの聖衣の欠片を手に必死に呼びかける。
しかし、その声は全く届かずエクレウスのかけらは更に粉々に砕かれてしまいました。
サターンにとって“エクレウスの聖闘士”であった事など、瑣末な事にすぎないとでもいうように…。

サターンが自分の記憶を封印して昴になったのだとしたら、これから「昴」はどうなってしまうのでしょうか?

ハーデスやポセイドンは人を依り代にして人界に肉体を持って現れたので、神そのものを肉体から追い出せばとり憑かれた瞬やジュリアンは元に戻りましたが、昴の場合はサターンを倒してしまえば昴も消えてしまうようにも思うのですが…。

希望があるとすればサターンは人を見下し神として振る舞いながらも、エクレウスの欠片を見た時には少し表情が変わったこと。
サターンの中にまだ昴が存在するなら、戦いの末に昴として生きる道もあるはず…。


・それにしてもサターン、エウロパ、ミラーの刻衣はゴテゴテしててかっこいいと思います!!


・人々の時を止め、聖闘士達を残して自らの居城に上ったサターン。
光牙達と星矢は力を奪われた女神たちとそれを護衛するタイタン、ハービンジャーを残し、サターン城へと飛ぶ。

しかし、女神たちの命を奪おうとミラーとエウロパが現れた。
傷ついたタイタン達は完全に不利。

しかし、そこに瞬と氷河が現れ、エウロパ達と対峙する。
サターンを守護する二大巨頭と戦うのはどうやらこの二人になりそうです。
瞬が僕の鎖はどこまでも折って行くといっときながらエウロパを逃がしてのでちょっとオイオイと思ってたんですけど、この見せ場で氷河と共に伝説の聖闘士としての意地を見せられるか?

しかし、明日の放送では少し視点を変えて城下で続く戦いに参加する聖闘士達がメインの話になりそう。
そして待ってましたの邪武が遂に登場です。

残すところ(恐らく)あと4話。
これから一話たりとも見逃せません。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 聖闘士星矢
ジャンル: アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
twitter
読書メーター


KUROさんの読書メーター

KUROさんの読書メーター

KUROの今読んでる本

KUROの最近読んだ本

ブクログ
ブクログ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: