desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season12 第17話「ヒーロー」 

・『相棒12』第17話の感想です。


・右京と享は昼食後偶然火災現場に遭遇し、上階で煙の中にいた女性弁護士・麗子を一人の青年が救出する現場に居合わせた。
しかし、彼は右京たちに麗子を託すと名前を告げずにどこかに消えてしまう。
麗子に青年を捜すよう頼まれた右京たちは現場に残された手がかりから青年の行方にたどり着くが、彼は自分はそんな事はしていないと否定してしまう。

新聞等で「弁護士を救った謎のヒーロー」と報道がなさるなか、右京と享は麗子に状況を報告するが、そこへその青年・竜也本人から麗子の事務所に電話がかかってきた。
右京たちは竜也の住むアパートへ話を聞きに行くと、捜査一課の伊丹達が竜也の元を訪れる。

伊丹はIT関連会社社員の轟が殺害された事件を調べており、轟に最後に電話した人物が竜也だったため事情を聴きに来たのだと言う。竜也は偶然間違い電話をしただけだと言うが…。


・命を救い、名も名乗らず立ち去り、更に救われた人があなたを捜していると言われても自分はそんな事は知らないと否定した青年が、報道を機に名乗り出てくる。

彼は右京に生活に苦労しているから、自分に感謝している弁護士を利用して割のいいバイトを得たかったからと嘯くが、次第に彼が近隣で起こった殺人事件に何らかの関わりを持っている事が疑われて…。

彼は果たして善人なのか?悪人なのか?

右京と享の捜査が進展するうちに、弁護士と青年のある意外な接点が浮かび上がってきます。


・ぼんやりしながら観てると、事態がいつの間にか進展。10分も経てば何が起こっているのか判らなくなりそうになってしまう、結構入り組んだ話。ラストまで見た後、気分的には右京たちによって犯人が抑えられてる現場に居合わせた伊丹と芹沢に思いっきりシンクロしてたような気がする(笑)
いや、整理して考えれば別にそれ程入り組んでる訳でも無いと思うし、伏線もきちんと張られているんだけど。
何でだろう。何か私の中で直ぐに整理しきれなくて取りこぼしたものがあるような気がして仕方ない。


・最近の『相棒』は結構今回のような凝った造りというか、わざと小難しくしてるような話が多くて、1度見ただけだと細かい事が思い出せない事もしばしば…。
最近は長年『相棒』に携わっている脚本家さんじゃない方が脚本を書かれている事も多いですが、そういう方が割と上記のような傾向のお話を作っていらっしゃるような気がする。

まあ、ただ単に私が齢食って忘れっぽくなってたり、頭の中で複雑に考え過ぎているだけかもしれませんが(^^;←こっちのほうが可能性大

これからはもう少し気楽に考えながら観ていこうと思います…。


・自分が感謝の気持ちで贈った旅行のせいで、大切な人を死なせてしまうとは…。
勿論自分が悪いわけではないけど、自分を責めずにはいられないでしょう。

更に偶然、その事故の遠因に会社が関わっている事を知ったら復讐に走らずにはいられないと思う。

しかし、竜也自身は悪ぶっていても根がまじめな善人である事は、彼が家を飛び出した後に悪の道に染まらずに真面目に稼いでいた事や、彼の実家の整えられた部屋を見れば察する事ができる。

最後の場面で唐突に登場した犯人に驚きながらも、竜也が殺人の犯人という展開にならなくて良かったと思っている私がいる。


・弁護士さんが完全に悪人だったら事は単純で、私の中で消化できてたかもしれない。

弁護士さん、事実を隠蔽し会社を存続させる事をその時できうる最良の選択としながらも(事実を明らかにする事より、遺族への補償を優先した)、それが本当に正しかったのかと考え続けてたんですもんね。
彼女のやった事が正しいのか間違っているのかは意見の分かれるところだと思いますが…。

竜也も彼女の苦しみを知ったからこそ、復讐を誓いながら命を失いそうになった彼女をもう一度救うような事をしたわけで…。


・あと、事故が“乗客を巻き込んだ無理心中だったかもしれない”ってのはあくまで推測なんでしょうけど、それが真実だったされた場合の船長のご遺族の気持ちを思うと何だかいたたまれないので、“過労が祟った末の事故”程度で済ませて頂けるとありがたかったかも。


・今回の話は何となく自分の中で消化しきれていません。理由は多分、ぼんやりと見ている場面があった為に話についていけなかったためだと思うので、また時間が取れたら見かえしたいと思います(笑)

最近疲れ気味の私…。

次回は『リーガルハイ』でお忙しかった古沢良太さんの脚本が久々に登場。
今季はもう無いかと思ってたので、非常に楽しみです。




関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ