desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season12 第14話「顔」 

・『相棒12』第14話の感想です。


・上野という男の遺体が自室で発見された。
遺体の痕跡から他殺が疑われ、偶然享が第一発見者となった事から、右京も捜査に乗り出す。

上野はパブのホステスに片思いし、しつこく付きまとった事からホステスの元彼から金を脅し取られていた。
また、仕事上でも友人は少なく、一人で過ごしている事の方が多かったという…。

接点のある人間が少ない上野だったが、司法解剖の結果、上野が実は美容整形の手術を受けていた事が判明した。
しかし、上野の過去の写真を見比べてもどこを整形しているのかわからない。
右京と享は上野が勤めていた会社のクライアントでもあった美容整形外科クリニックの院長・聡美に意見を求める。


・どう見ても整形したように見えないのに整形していた「被害者」。
そして、被害者にそっくりに整形した「謎の人物」の存在。この事実の示す真相は…というミステリ的なシナリオ。

がっちりした計画の元行われた犯行では無く、偶然も寄与するところがあったのでちょっと強引なお話のような気もしますが、全体的には面白かったです。

それにしても有沢比呂子さん演じる美容整形クリニックの院長さんのキャラクター付けが特徴的すぎて何となく笑える…。


・犯人が偶然「開かずの間」を作ってしまった事から始まった事件。
もし、聡美が自らの能力を過信し、犯人の言葉に乗らなかったらあんな悲惨の事件にはならなかったし、保身に走らなければ事件ももっと早くに明らかになっていた。

右京さんが、往生際悪く自己弁護に走る彼女に激昂するのも当然のこと。

更に言えば替え玉に使われた彼がもう少し母親と落ちついて話ができていればこんなしょうもない事件に巻き込まれなかったかもしれない。
自分の顔が母や自分を虐げてきた父親に似てくる事は、私が想像する以上に辛い事だったのかもしれないけど…。

でも、最後の母親と幼馴染が棺の中の顔を見るシーンを見ると大切だったのは「顔」では無く、「彼そのもの」だったはずじゃないのかと思わずにはいられません。


・それにしても犯人は隠蔽工作をしたとして、本物の上野をどうするつもりだったんでしょうか…。
真相を知る聡美があの保管庫を開けようとはしなかったとしても、システムのメンテナンスなどもあるでしょうから永遠に隠す事はできないはず。
いずれにしろ悲惨な未来が待っていたんでしょうが、それをする犯人の心境を想像すると結構恐ろしい。


・カイト君はすっかり芹沢君あしらいが上手くなってきましたね~。
最初は先輩面してた芹沢君もたじたじ。


・ところで右京が真相にたどり着くきっかけとなった幼馴染の元に送られてきた誕生日プレゼントのぬいぐるみ。
あれ、よみうりランドにちゃんと実在するキャラクターだったんですね。あまりにすっ頓狂なキャラクターだったのでこの場限りのオリジナルキャラだと思ってました。

しかもきちんと調べてみると1999年頃からいる結構歴史あるキャラクター。
「よみうりランド」の名前は知ってても行った事がない関西の人間なので全く知りませんでした。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ