desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season12 第11話「デイドリーム」 

・遅ればせながら「相棒12」第11話の感想です。


・捜査一課の陣川が事件を未然に防ぐために力を貸してほしい、と特命係にやってきた。
自分が見た悪夢の意味を調べるためにネットの夢診断で知り合った大学の心理学部准教授・西牟田叶絵から相談を持ちかけられていた。
彼女は予知夢を見る能力があり、自分が死ぬ不吉な夢を見て心配になったという…。
一概に信じがたい内容に呆れる享だったが、右京は逆に興味を示し特命係も警護に乗り出す事になる。

早速、研修会に出席する叶絵と合流した3人は会場へ。
しかし本当に警護役がいなければ叶絵が死亡するような事態が発生してしまう。
叶絵の予知能力は本物なのか?


・今シーズン初の陣川警部補の活躍。
またもや美女がらみで事件に巻き込まれた(巻き込まれに行った?)ものの、初期の頃と比べると比較的落ち着いたような印象を受けました。

とりあえず、このブログでは陣川君回は「陣川君のお約束」を基準にし『相棒』を見てるんですけど、目を見張るような(笑)大暴走はしなくなり、終始叶絵を守る事に専心。
事件の内容が明らかになった後は、自分の感情を最優先にはせず、警察官である事を第一にしている事を明確にした点には成長さえ感じました。

まあ、思いっきりカイト君に怪我させたり、最後には「花の里」でクダもまいたりしてるんですけど(笑)


・「虎に襲われ殉職」という一見お笑い要素あふれる夢の内容が、陣川君自身の正義感の強さを表しているというのが、なんだかいい感じ。
陣川君は捜査を行う警察官としてはアレだけど、警察官としての資質は充分持ち合わせてるんですよね…。


・前回に引き続き、今回も大怪我するカイト君。
前シーズンもそうでしたが、やたらめったら大怪我するので非常に心配です。

今回も頭を打ってたので心配する悦子さんが、(捜査を)陣川君に任せなさいと言ったのは至極正論だけど、同時に知らないとはいえなんて恐ろしい事を言うんですか!!と、ちょっぴり思ってしまったり…(^^;


・それにしても叶絵の立てた復讐計画はある意味自暴自棄だったとはいえちょっとなんじゃそりゃーと思ってしまった。

自分の思惑の為に陣川君どころか自分のクライアントさえ利用し、母親に心配を賭けた叶絵に臨床心理士の資格はあるのか?
仕事に誇りを持っていた彼女に対し、皮肉を交えながら静かに怒りを見せる右京さんが非常にかっこ良かった。


・かっこよかったといえば、右京さんと一緒にヤクザの事務所に行った角田課長もかっこいい。
普段の昼行燈とは別の切れ者っぷりが感じられて何ともいいですね。


・今回も女性に利用されただけになってしまった陣川君。
いつものパターンで笑ってしまったんですけど流石に可哀想になってきました。
本当にいい人だとは思うのでそろそろ幸せになって欲しいものです。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ