desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第85話「運命に抗え!反逆の告白!」 

・聖闘士星矢Ω第85話の感想です。


・パラドクスとインテグラは突然現れたガリアの「武神降臨剣」によって斬りつけられた。
黄金聖を纏ってたパラドクスはかろうじて致命傷を避けるが、パラドクスの傷は深い…。

自分の力に絶対的な自信を持つガリアは、未だ迷宮を彷徨う聖闘士達に伝説の聖闘士である星矢を倒す場面を見せ、絶望を与えようとする。
そうはさせじと応戦する黄金聖闘士達。
しかし、聖剣は聖闘士達の攻撃をいとも簡単に退けてしまう。遂に沙織に危機が迫った時、空間に戦いを止めるパラスの声が響き渡った。


・ついに本性を見せたガリア。
人間の言い分を聞いてやらないでも無い、というのは本当に戯れ言だったいう事なのでしょうか…。
人間を虫けらといい、愛など役に立たないと断言するガリアなので言い分を聞いたからといって心が動くわけではなさそう。アイガリオンも人間に興味を持ちながら滅ぼす事に容赦なかったのと同様、いや、もしかしたらガリアの方がより人間を蔑んでいると言えるかもしれない。

まー、兎に角傲慢でタチが悪い女性ではある。

「あの方」に仕える者たちの元々の計画は、パラスを現世に復活させる事でアテナを弱らせ、その上でアテナに会いたいパラスを担ぎあげて戦いを起こし、最終的には人界を護るアテナを討つ計画だった様子。
しかし、自分の力は神を上回っていると驕るガリアはそんな計画は関係無しに自らアテナを葬ろうとします。

これにはエウロパも呆れますが、今の弱ったアテナならばそれも可能かもしれないと黙認。
ガリアは容赦なくアテナに斬りつけようとしますが、それを止めたのは何とパラスでした。


・全くの子供でわがままな女神と思われていたパラスでしたが、意外にもそれは彼女がわざと見せかけたものあり、本当のパラスは初めて星矢の前に現れた時と同じ自立した精神を持つ「女神」のままでした。
パラスは四天王やエウロパ達が自分が利用されているだけと知りながら、“わがままな少女”を演じていたのです。

それもこれもアテナに会いたい一心。姉と呼ぶ女神との愛に決着をつけるため。その為ならば利用されてもいいと考えていました。しかし、その決着を邪魔するならば容赦はしない。
ガリアも本性を表しましたが、ここにきてパラスも本性を露わにしたのです。


・自体は急転直下。
しかし、戦況を動かしたのは傷つけられた双子の姉妹でした。

善悪の心の狭間に苦しみ、相争う運命にあるという双子座の聖闘士達。
パラドクスとインテグラもその運命の下、戦う事になってしまいました。しかし、パラドクスが本当の愛を知った今、二人はその運命を乗り越えようとします。

パラドクスは致命傷を受けており、戦えば傷が広がり命を落とす事になる。
それでも姉は妹と共に戦う事を願い、妹も姉の最後の願いを聞き届けました。

姉妹の手によって放たれた「アナザーディメンション」。異空間を開き敵をその彼方に放つ技。双子座に伝わる奥義です。この技で吹き飛ばされたものは二度と戻る事は無い。
しかし、双子の渾身の攻撃さえもガリアは防いでしまいます。
ガリアは二人の最後のあがきを嘲笑しますが、実は彼女たちの目的は別にありました。

異空間を空ける事によって、迷宮に閉じ込められていた青銅聖闘士達をアテナの元に導くこと。これこそが彼女が放った本当の“攻撃”。そしてそれは見事に成功し、別の部屋から空間を捻じ曲げていたエウロパに一矢報いる事が出来ました。

運命を見る事ができるパラドクスには自分たち姉妹ではガリアに勝てない事を知っていました。
しかし、若き聖闘士たちならばそれを成し遂げる事ができるかもしれない。いや、いまの彼女はそれを信じているようでした。力尽きたパラドクスは若き聖闘士達にアテナを託すと、満足な顔で逝きました。愛する妹に抱かれながら…。


・話的には前話からの流れでしたが、双子座の話としては今回がメインだったように思います。

パラドクスは先の戦いでマーシアンを聖域に引き入れ混乱に陥れた元凶の一人であり、アプスとの戦いが終わった後も反省を見せず、更に恨みを募らせた悪女でした。
しかし、不幸な生い立ちのせいで愛に飢え、性質が歪んでしまったという同情できる面もあってこのままガリアに裏切られて終わり、というのはあまりにもかわいそうだと思っていました。
だからそんな彼女がちゃんと女神や妹にも愛させれている事をわかった上で更に“聖闘士”としてその命を全うした今回の話は本当に救い。
共に戦えるのは最後と解っていても共に戦える事を喜ぶ姉妹の姿が観れて、私も嬉しかった。

勿論、二人とも生き残った方がいいに決まってるんですが、それでも今まで不幸だったパラドクスに見せ場があり彼女が悪女のまま死ななかった事が嬉しかったんです…。


・と、やたら感動した『双子座』の話でしたが、二人に見せつけられた愛の大きさに充てられたのか何なんだか、タイタンが最後の最後にやってくれました!!

そう、パラスに対する愛の告白(笑)

…タイタンがパラスに思いを寄せているのは判ってるつもりだったけどまさかあんなにどストレートに告白してしまうとは!!思わず観ながらうひゃーって声を出してしまいましたよ…。何か見てる方が赤面してしまう。
そんな場面をもろに見せられたハイぺリオンが気の毒です。


・そんな訳でタイタンは「あの方」を裏切ることが決定。
しかしハイぺリオンはタイタンを斬らず、その場を立ち去りました。破滅への道へと歩みだした同僚を悼むように…。

前にも書きましたが一番武闘派っぽいハイぺリオンが一番常識人というか、まっとうな人でしたね…。
(部下に大事な聖剣貸してあげたし、同僚の部下の心配をしてあげたり)
何だか滅茶苦茶可哀想になってきた…。


・あっ!あと、ネビュラチェーンにつかまって顔から地面に着地したであろうエウロパさんを見て妙にすっきりしました(笑)


・次週、ガリア対青銅。
…って、最近の青銅達を見てると本当に勝てるのか心配ですが(どうしても先輩たちが輝いてるので…)。

次回はOPに登場した新たな聖衣もお目見え?
兎も角、クライマックスが近づきつつある『Ω』から目が離せません!!

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 聖闘士星矢 - ジャンル : アニメ・コミック



この記事をリンクする?:


[ 2014/01/07 22:26 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ