desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒 season12 第6話「右京の腕時計」 

・流石に11月も下旬となるとすっかり寒くなってきました。
段々、パソコンを使うのが辛くなってくる…。

今は自室でネットが使えるようになったので、指を温めながらキーボードを打てるようになったからまだマシですが、それでもついつい布団に入って寝たくなってしまいます。
今年は『相棒』から引き続いて『リーガルハイ』観てるから余計に…。


…と、話がかなりずれてしまいましたが、『相棒12』第6話の感想です。


・右京の腕時計が狂ってしまった。
右京の愛用の品は機械式。そこで、享と共にいつも見てもらっている公認高級時計師の津田に修理を依頼する。

その夜、有名アパレルメーカーの社長・関の別荘で、津田の勤務先である時計輸入販売店の社長・藤井の遺体が発見された。
遺書が発見された事から自殺と思われたが、捜査の過程で関が藤井の会社を買収しようとしていた事が判明。
関は有名な時計師である津田に設計図を書かせ、そのデザインを元に安い時計を大量生産して売り出そうと計画していた。
藤井の死は関への抗議の自殺だったのか?

しかし、別荘を直接調べた右京はその死があるトリックを使った「他殺」であると事を見抜く。


・スーツ。時計と、身の回り品に拘りを持つ右京さん。
メンテナンスを怠らなければ、半永久的に動く“生き物のような”機械式時計が好みというのは如何にもな感じ。

機械式時計は私もちょっと憧れます。
右京さんのように拘りが無く携帯電話で時刻を確認するような人間なんで、お高い腕時計はなかなか手が出ませんが(^^;


・関が津田の機械式時計に対する拘りなどは無視して、デザインのみを踏襲した安価な時計を販売しようと計画していた事から、始めはシーズン1の「殺しのカクテル」のような話を連想していましたが、最後に明らかになったのは悲しい真実。

津田が罪を犯した理由は妻を殺害した犯人に対する「復讐」でした。


・藤井は善人っぽく見えていたのに本当に胸の悪くなるような人物でした。

津田の妻を死なせ、それを黙った上で津田を自分の会社に取り込み、更に自分が窮地に陥ると恩に着せて殺人の片棒を担がせるとは…。
津田が藤井の家で思い出の時計の部品を発見した事に運命を感じ、復讐に走ったのもある意味仕方がないような気もする。


・でも、右京の言うとおり津田は歯車を見つけた事を、「本来の時計師に戻って欲しい」という妻の思いと受け取るべきでした。
殺人などに手を貸さず、関に藤井がやろうとしている事を告白すれば藤井は勝手に破滅していたはず。
彼が手を汚す必要は無かったのです。


・津田の刑期がどれ位になるのかはわかりませんが、出所してからも彼の腕さえあれば仕事をする事は可能だと思います。
しかし、右京に修理した時計を渡した時の言葉を思うと、彼は二度と時計師として仕事をする事は無いように思います。
あんな男の死と引き換えに…とは思いますが、それが時計を殺人の道具に使ってしまった彼のけじめのような気もします。

今回は本当に切ない話でした…。


・あと、変な話ですが右京さんはスーツの時に引き続き、またもや贔屓の店を無くしてしまった事になるんですね…(スーツは贔屓になったかもしれない店だったけど)。

右京さんの行くところ事件は起こる。

いたしかたない事ですが、右京さん事態もちょっと気の毒な展開ではありました…。


・まだ6話ですけど、シーズン12はあまり社会派な内容に頼らない、比較的懐かしい雰囲気の『相棒』なシナリオが続いているような気がします。あくまで私の印象ですが。
心なしか観やすいような気がする…(^^;

こうなると、お笑い回に期待したいところ。(←何でやねん!!)
捜一が三浦さんを欠いて何となく大人しい感じもするので、陣川君を無理やり投入してハチャメチャな展開の話も観てみたい(割と本気)






関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ