desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第 78話「決戦の始まり!宿命の女神のもとへ!」 

・「聖闘士星矢Ω」第78話の感想です。


・刻の門を突破し、ついにパラスの城へ突入したアテナ達。
一輝とパラドクスが先行し、後方をシャイナ達に任せて光牙達は城内部に潜入する。

しかし、行く手にエウロパが現れ、パラスの元にたどり着くには試練が待つ「アルフヘイム」、「ニブルヘイム」、「ドヴェルグ」、「ヴァナヘイム」の4つの道のどれかを進まなければいけないと告げる。


・今回より新章「Ω覚醒編」がスタート。
オープニングも「閃光ストリングス」に変わりました。当然映像も変化してるんですがこれが今後の展開のネタバレバリバリ(笑)でもめちゃめちゃスピード感溢れてて、みてて非常に燃えます!!かっこいい!!
思わず何回も見かえしてしまいましたよ!


・聖衣を纏うアテナと刻衣を纏うパラス。戦う女神たち。
・これから登場する2級以上のパラサイト達の姿。その中には次回登場するスルト。パラドクスや時貞らしき人物の姿も。
・更に変化した光牙達の聖衣。射手座の黄金聖衣にも変化が。
・グレートホーンを放つハービンジャー。パラドクスと戦うインテグラ。
・アテナエクスクラメーションを放つ鬼貴、紫龍、フドウ
・昴と神らしき人物の関係が示される描写

…と、ここら辺が私の気になるところ。
時貞は「時間」と関係のある技を使ったから第2期でもしかしたら?と思ってたんですが、やっぱり再登場するようです。
光牙達の新しい聖衣は、Ω覚醒と共に変化するんでしょうか?星矢の聖衣の変化も気になります。(個人的にはあのスカーフ付聖衣は大好きなので変わっちゃうのはちょっと惜しいと思ってるんですけど)

そしてアテナエクスクラメーション!
アテナに禁じられた闘法…ではあるのですが今回はどんな場面で飛び出すのか?


・新しいOPでは、昴と黒幕が(恐らく)同一人物である事がはっきり示されています。
正体は恐らくパラサイト達が時を止める事から、時の神クロノスだと思われますが、土星がクローズアップされていた事から、農耕神の方のクロノスの可能性もあります(『エピソードG』に登場した敵もそうでしたが)。
ただ、『Ω』(というか『星矢』)はそれほど厳密にギリシャ神話をとり込んでる訳でもなさそうなので、ただ単に時を司る神「クロノス」として登場するだけなのかもしれません。


・そんな訳で、黒幕の存在が明らかになる事でパラスは完全に“捨て駒”。
パラスの四天王達は決してパラスの為に行動しているわけではない事が明らかになってしまいました…。

結局女神パラスはアテナへの独善的な愛を何らかの目的の為に利用されているだけのようです。

しかしその一方で、タイタンは他の四天王たちと行動を共にしながらもパラスにも心を移している様子。この事が今後の展開にどのような影響が出てくるのでしょうか…?

可愛そうなので、できればパラスを庇って死ぬというのは止めて欲しい(涙)


・今回はほぼ序章という事で、大きなバトルは無し。
エウロパによって4つの道のどれかを選択しなければならない事が示されます。

その際エウロパが思いっきりアテナを愚弄するのですが、実はそれ程的外れな事を行ってなかったりする(笑)
正直目覚めたてのパラスを葬る役目を星矢に振ったのは人選ミスだし、うっかりするとパラサイト兵よりも弱い鋼鉄聖闘士を前線に出しまくったのはどうかと私も思いましたもん(^^;


…しかし、そんなわざとらしい煽りで立ち止まるアテナと聖闘士達ではありません。
地上の平和の為に。各地で戦う聖闘士達の為に。
人の持つ可能性を信じるアテナは例え命を落とす事になっても戦いを止めないのでした。


・アテナを愚弄され怒りを燃やし、エウロパに立ち向かう光牙達。しかし、エウロパは強く全く歯が立たない。
それを見て助けようとする瞬を彼らの成長の為に良くないと止める紫龍。

自分の息子もいると言うのに中々厳しいとはおもいますが、同時に彼らの今後を信じる年長者らしい態度とも思う。

それに対して、年長者的態度をかなぐり捨てて怒りの小宇宙を燃やす星矢…。
おいおい、今まで光牙達に見せていた大人な態度はどうした!!と、思わず突っ込みましたがつい熱くなってしまうのは星矢らしいと言えばらしいところ(^^;


・ちなみに4つの道を進むメンバーは以下の通り

1「アルフヘイム」…光牙、蒼摩、ユナ、瞬
2「ニブルヘイム」…昴、エデン、栄斗、氷河
3「ドヴェルグ」…龍峰、紫龍
4「ヴァナヘイム」…アテナ、星矢、貴鬼、ハービンジャー

一見、おいおい、メンバー偏り過ぎだろう!!(笑)という配分ですが、良く見るとわりと理にかなっていると思う。


1は、光牙と蒼摩の猪突猛進組に二人の保護者としてユナ。更に子供たちの保護者の瞬。
2は、謎の小宇宙を持つ昴を見張る役目のエデン(鬼貴はエデンにその役割を託している)。更に64話で昴の兄的な役割を果たした栄斗(栄斗もエデンと同じ役目を自任している)。お目付に氷河。
3は、いつもコンビだった栄斗が2に行ってしまった為に龍峰が一人あぶれる事に…。そこで黄金聖闘士でもある父・紫龍。
4は、女神とその護衛たち。

実力的にも申し分ない。3はたった二人だけど元々ポテンシャルの高い二人の組み合わせだし…。
ただ、心配なのは2の組は昴以外は無口な奴ばっかりで会話があるのか?という点(笑)

なお、登場する敵は1に次回登場のスルト(アイガイオンの部下。ちなみにアイガイオンは智将らしい。びっくり)が確定。

道に入ったメンバーの内容から2は、時貞。3は、パラドクスか?4はちょっと予想がつかない。


・なんか色々とごちゃごちゃ書いてしまってますが(^^;新章に本当にワクワクしています。
旧世代、新世代入り乱れて活躍が見れそうだし本当に楽しみです!!
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 聖闘士星矢 - ジャンル : アニメ・コミック



この記事をリンクする?:


[ 2013/11/05 00:45 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ