desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒 season12 第1話「ビリーバー」 

『相棒season12』の放送が始まりました!!

神戸君が警察庁へ去り、右京の新しい相棒として若手の甲斐享を特命係に迎えた「シーズン11」。
突然訳も分からず“人材の墓場”に引き抜かれた享は、捜査一課に未練を持ちながらも何となく特命係と杉下右京に慣れ始め、長年確執のあった警察官僚でもある父親・甲斐次長とも向き合う覚悟をするまでに至りました。

一方、右京は薫とも尊とも違う、未熟ながらも警察官としての資質に溢れた享を特命係に引き抜き、上司というよりは教師のような雰囲気で享に接しています。(また、享は生徒としてもかなり優秀です)

果たして新たに始まった「シーズン12」ではどんな展開が待っているのか?

毎回書くとは限らないのに早速ブログのカテゴリに「相棒 season12」を作ってしまうのは我ながら無謀かな~と思いつつも、今シーズンも出来る限りは毎回感想を残していきたいと思います。

※早速当日更新には失敗してしまったので、今シーズンは次の放送までには感想を書くというユルイ方針で行きたいと思ってます。


・右京は享の彼女の悦子から最近享の様子がおかしい、と相談を受ける。
どうやら動画投稿サイトで「火の玉大王」と名乗る男の生放送にハマっていると言う。「火の玉大王」は様々な諸説を隠された真実とのたまう、いわゆる陰謀論者のようだった。

心配になった右京は享を尾行。すると「火の玉大王」を中心に手をつなぎ、夜空に向かってUFOを呼ぼうとする享を目撃してしまった…。享のトンデモナイ行動に流石の右京も不審を感じる。

そんな折、大東亜産業の専務・高山という男の遺体がホテルで見つかった。所轄の捜査によると服毒による自殺。遺書は無く、自殺の原因は不明と発表された。 その事件を享が妙に気にしている事に右京は気づく。

更に右京は真相を探る為「火の玉大王」の生放送に潜入。そこで偶然享と接触し、享の事を探っている事がばれてしまった。
翌日観念した享は、父・峰秋が関係したエルドビアで発生した邦人の誘拐殺人事件について調べていた事を白状する。実は先日亡くなった高山もこの事件の関係者だった。
ある筋から高山が自殺では無く他殺の可能性があると知った右京と享は、実は存在した遺書の内容について刑事部長に詰め寄り、その内容を知って享は愕然とする。

そんな中で峰秋が出勤中、何者かに拉致された。


・オープニングのいかにも怪しい雰囲気。突然トンデモナイ行動に走った享(勿論、理由はあったけど…)。
これからどうなってしまうんだろうと思った所で、如何にも何か隠されている「殺人事件」の発生。
そして警察庁次長の誘拐と、初回スペシャルに相応しい盛りだくさんな内容でした。

登場人物が少ないので事件そのものの真相は比較的早い段階でこう言う事なのかな?と推測できます。
何より右京と享が初めの段階から“犯人”と接触してるので二人の能力を持ってすれば解決は非常に早い…。


・国家の判断が重んじられた為に父親がむざむざ殺されたのですから、「隠蔽」と甲斐次長を憎んだ“真犯人”の心情には同情すべき点はありますが、真実をセンセーショナルに知らしめるためだけに殺人を犯した(殺された高山は何故自分が殺されるのかも判って無かったと思う)点には全く共感できない。
右京さんが激昂するのも無理はない。

更にそんな犯人の職業が、真実を伝える事を旨とするジャーナリストであったというのがまた皮肉が効いているというかなんというか…。
自分の目的の為に人の命を奪い、友人を巻き込み、全く関係の無い(ある意味能天気とも言える)人たちをも巻き込んだ。
本当に同情も吹っ飛ぶ、むかつく犯人でした。


・今回享は、偶然知ってしまった甲斐次長が関与した事件を調べる事によって、苦い思いを味わう事になってしまいました。

父親が世間に知れれば非難を免れる事ができないような事をしていたという事実は、享にとってある程度予想ができていた事だったとはいえ、やはり受け入れ難いものだったと思います。

それと同時に今回の事件で、父が世間からの批判さえも呑み込む覚悟を持って仕事をしている事や、『警察』という組織を信じている事も知ります。

前シーズンで父親からある意味逃げていた事に気付いた享は、父と向き合う覚悟を決めましたが、今シーズンはこの父と子の関係を深く描く事に重点が置かれそうです。

勿論、今シーズンで一足飛びに和解という事にはならないとは思いますが、それでも直接対面すれば何か別の展開が生まれるかもしれません。
また、甲斐次長が何故享を警察から止めさせたがっているのか。前シーズンの感想を書いた時、色々推測しましたが、今シーズンでは次長の口からその真相が語られる事を期待しています。


・私も甲斐次長の犯人に語った最期の一言にはちょっと驚きました。
冷徹で嫌な人なんですが、それでもどことなく嫌いきれない。ただの「悪役」で収まらないキャラクターだと思います。


・久々に右京さんの口から亀山君の名前が!!
しかし、薫ちゃんもまさか自分の名前があんな小芝居の中で使われるとは思ってもいるまい(^^;
(右京さん、変な外人(?)になる…)


・と、色々期待するシーズンではありますが今回は悲しい別れがありました。

なんと三浦さんの“卒業”です。

冒頭で昇進試験に合格し、係長となって伊丹との関係もギクシャク。
それでも一刑事としての拘りを捨てられず、その為に事件から外されながらも、特命係と協力する伊丹や芹沢を支援。しかし、三浦の姿を見て逃走した男を追い、ナイフで刺され重傷を負ってしまったのです。
その傷は思いのほか深く、杖無しで歩けなくなった三浦さんは、上からは内勤として警察に残る事を打診されたものの、退職する事を決意します。

三浦さんは多くを語りませんが、三浦さんにとってそれだけ「刑事である事」が大切だったのでしょう。


・伊丹が声を殺して泣き、芹沢がその姿を静かに見守るシーンと、右京さんが三浦さんにかける言葉なく、ただ別れの挨拶をして立ち去るシーンは見てて本当に泣きそうになってしまいました。

特に共に事件を追い続けてきたのに、最後の最後でツンケンした態度をとってしまっていた伊丹の心情を思うと胸が痛い…。
そして、もうトリオ・ザ・捜一が並んで立つ姿が見れないのが非常に寂しいです。


・人間万事塞翁が馬。
薫ちゃんが退職し、官房長があのような形で去ってしまうのですから、このドラマでは何が起こってもおかしくありません。

今はただただ、三浦刑事と彼を演じた大谷亮介さんにお疲れさまでしたと言いたいです。
(とはいえ、来年ゴールデンウィーク公開の映画のキャストにはきちんと名前が入ってましたので、そちらでの活躍を観るのを今から楽しみにしています)

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ