desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第73話「小馬座の涙!?覚醒する二つの聖衣!」 

・最近、これしか更新してなくてすみません。(また『血界』の感想は直前になりそう…)
「聖闘士星矢Ω」第73話の感想のようなものです。


・ケレリスから小馬座の聖衣を継承した昴。
しかし、気を失っていた間昴はエクレウスが消えてしまう夢を見る。
目覚めてから小馬座の聖衣を確認し、昴は安心するが、光牙やエデンは昴の放つ小宇宙に何かしらの懸念を感じていた…。

パラスの居城へ至る地下道が破壊され、再び地上を進撃する聖闘士達。
その場で光牙は懐かしい小宇宙を感じ、引き返す。

戦場にいたのは貴鬼の弟子、羅喜だった。戦いで傷ついた聖衣を修復する為に、街にきた羅喜だったが、3級パラサイト・ハリメデに襲われた。
危ない所で羅喜を助けた光牙と昴。しかし、戦場で小馬座の聖衣に異変が起こってしまう。


・相変わらず昴が主人公のような展開(いや、ある意味彼は2期の主人公といえるかもしれませんが)。
その分、見せ場の光牙が弱く見えちゃうのが難点ですが今回も非常に燃えました。


・突然鉛のように重くなってしまった小馬座の聖衣。
お陰で昴自身は聖衣の防御の力で怪我ひとつしないものの、思うように戦う事ができなくなってしまいます。

何故、聖衣が昴を拒否するのか?

しかし、その意外な理由が羅喜によって明かされます。
実は聖衣自体が自分の装着者が死ぬのを恐れて戦いを拒否してしまったのです。

戦う者の力となる「聖衣」。
その装着者が戦いの中で命を落とす事は当然あることではあるんでしょうが、エクレウスの場合この数カ月ほどの間で持ち主が次々と変わっており、聖衣そのものに宿る魂が持ち主の死を恐れたのです。

その理由を知った昴は聖衣に自分は神になる男。絶対死なないと聖衣を励まし、最終的に戦う決意を促します。
昴を信じることにした聖衣は再び昴に力を与え、二人(?)は共に力を合わせハリメデを倒すのでした…。


・ハリメデはえらくあっさり退場…。段々敵のやられ方が雑になってきてませんか(^^;


・今回は「覚醒する二つの聖衣」ということで、エクレウスの他に、遂にアテナの聖衣が復活を遂げました。
(まだミニ石造状態ですが)

ここでハービンジャーはアテナの持つ真の小宇宙を目の当たりにし、すっかり気圧されてしまいます。
更に沙織は元々敵であった彼に自分の聖衣を護るよう託しました。

これまでのハービンジャーは(恐らく)単に骨のある奴と戦えそうだから、という単純な理由でアテナについていたようでしたが(だから女神アテナ自身には敬意を払っていなかった)、神としての沙織を目の当たりにして改めて感服し、彼女に従おうと決意したようです。

…となるとものすごーく嫌な予感がするんですが。
そう、死亡フラグ(笑)

女神から聖衣を託された時にもう嫌な予感がバリバリ。
思わず、沙織さんは鬼か~と、テレビ見ながらつぶやいてしまいましたよ。
制作陣はアニメオリジナルキャラクターを全部皆殺しにする気なのかしら…。『星矢』ではよくある展開とはいえ。

お願いだからハービンジャーぐらいは生き残らせてあげてください(涙)


・女神アテナも戦場に到着し、パラスベルダでの決戦は近い。
更にここにきてオリジナルの鋼鉄聖闘士3人が登場したりして何だか盛り上がってまいりました。

…まさかオリジナルを出すとは思わなかったよ~。麻森博士も出るとは思わなかったよ~。
それだけにまだ登場してない人物(一輝とかパラドクスとか)の行方が気になります。

来週はどうやら貴鬼が戦うようですが、番組公式サイトの予告を見てディオネって一瞬誰だっけと思ってしまった(笑)






関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2013/09/29 11:40 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ