desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

ちょっとした騒動(?) 

・いつも楽しく利用してた「読書メーター」で先日ちょっとした“騒動”が発生。

とはいえ、多分大半のユーザーは何が起こってたのかわかっておらず、突如トップページに表示された「お知らせ」を見て驚いたのではないでしょうか。

かく言う私もお気に入り登録してるユーザーさんのつぶやきを目にして初めてそんな事になっていると知った口なんですが…。

ちょっと思う事があったので、一応今感じた事をつらつらと書いておこうと思う。
「読書メーター」の事知らない人には大した話でも無いので、後々消すかもしれませんが…。

【一応、経緯】

1、8月末。「読書メーター」(以下「読メ」)が某書店のショッピングサイトに自社のAPIを提供。
商品ページに「読メ」のユーザー名、プロフィール欄のアイコン、感想・コメントが表示されるようになる。
(運営側からユーザーへの説明はされていなかった)

2、ユーザーがその事に気付き、読書メーター内で報告(←これは運営への要望を書いたりする「コミュニティ」が先だったのか、「みんなのつぶやき」が先だったのかはわからない)
運営への要望が出される中、様々な憶測が飛び交い、ユーザー間で感想・新着情報の削除、退会する人が発生した…らしい。

3、書店サイト側に要望があったからなのか、ユーザー名・アイコンは表示されなくなる(9月2日)
私が上記のような事が起こってると知ったのはこの段階

4、9月4日。「読メ」運営会社代表より書店サイトとの連携の事について報告。お詫び文がでる。
(書店サイトとの連携は一時中断され、現在は書店サイトの方に感想は表示されない)


【この騒動が起こって思ったとりとめない事】

・ユーザーの中に多少なりとも「読メ」はクローズなSNSサイトだと思ってた人がいた事にちょっと驚く。

最近は交流が盛んになり、SNS色が強くなってた「読メ」だけど、本の感想・コメントページやマイページは会員でなくても自由に見る事ができる。勿論、検索にもひっかかる。
「つぶやき」は、ログインしないと見れないけど、マイページの「新着情報」からその人が何を呟いたかは多少見る事ができる。

「みんなのつぶやき」やプロフィールに極めて個人的な内容を書いている人をたまに見かけた時勇気あるな~と、思ってたけど実は自由に見れる事を知らなかっただけの人だったのかもしれない。


・今回の件に関して、一応お詫び文は出てるんだけど最後まで読むとあんまりお詫びっぽくない(^^;
ちゃんと申し訳なかったという文章は入ってるのに…。

特に不特定多数の人間に自分の感想文を見られる事に不安に感じている人に対して、つらつらと自分の見解を説明した後、更にそれでも不安な人は「読メ」やネットでの本の感想を書くのは止めた方が良いというような事を書いてる所は、喧嘩売ってるように見えなくもない。(言いたい事はわからないでもないけど)

この文章を書いた代表の赤星さんからしたら何でここまで騒ぎになったんだろ?という感覚だったのかもしれない。

「読書メーター」には赤星さんの考えた読書家の世界を広げるポイントが様々込められている。
今回の書店サイトへのAPI提供もその一つでした。

ただし、それは赤星さんにとっての「最善」がユーザーにとってもそうとうは限らない。
特に今回の件は告知一つ入れておけばお詫び文なんて上げずに済んだと思う。


・「読書メーター」が利用料無料のサイトである以上、利用促進を促すための今回のようなAPI提供はある程度仕方がないとは思う。
書店サイトに表示される内容も、私個人としてはユーザー名ぐらいなら本名でやってる人は少ないと思うのでいいかなとは思った。

ただし、読書メーターに投稿されている感想・コメントは別に決まりはなく、ユーザーそれぞれの裁量で書かれている。

例えば、255文字フルに使う人もいれば、コメント欄も利用してそれ以上の文字数で書く人。
評価を星や数字のみで書く人もいるし、自分の心に残った一文を引用している人もいる。
自分の萌を吐き出してる人もいる。本当に正直な自分の気持ちを書く人もいる。ネタバレ全開で書く人もいる。

本当に様々な書き方がされているので、私はそれが面白いと思うけど、ショッピングサイトの販促には向いてないレビューも雑多に表示されてしまうのはどうかと思った。
(特にネタバレが含まれてる感想なんか特に)

書店サイトに貼られているリンクをたどって態々文句言いに来る人は少ないかもしれないけど、今の世の中どんな人がいるかわからないので無きにしも非ずのような気もする。


・だからAPI提供まではOKだと思うけど、せめて感想を書くときにそれに協力するか否かは選ばせて欲しい。

(ネタバレ防止のチェックを入れておけば連携先に感想はいかないようにはなってたらしいですが、これが携帯サイトからの投稿だとこの機能が無いので問答無用で流す羽目になる)

一応携帯サイトが今でも動いてるんだから、PCでだけ更新する事を前提としないで携帯サイトの方もこまめに更新して欲しいものです。


・現在、読書メーター以外に「ブクログ」と「メディアマーカー」に実験的に本の登録をしてるんですが、サイトの雰囲気、気軽さ、使い勝手は、比較的自由度の高い「読書メーター」が一番だと思ってます(感想も255文字の中で書く人が多いので、自由な文字数のサイトより比較的面白い感想が読めるような気がする)。

これからも楽しんでいきたいので出来る事なら、読書メーターにはこれからも頑張っていただきたいです。。
関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2013/09/07 23:59 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ