desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第67話「昴、驚異の小宇宙!エデンの使命!」 

・聖闘士星矢Ω第67話の感想です。


・パラスベルダでの聖闘士とパラサイトの攻防が進む中、ペガサスを抹殺する為、タイタンは刺客として2級パラサイトのエウロパを差し向けた。
その途中で、エウロパは行方知れずだったオリオン座のエデンと遭遇する。

パラスベルダに存在する奇妙な小宇宙に引き寄せられたというエデン。
しかしその一方で、エウロパは神と人とのはざまで揺れ動くエデンを巧みに揺さぶる。

その場に二人に割る込む様に現れた星矢。エウロパは星矢の実力を測ると自らの目的の為に直ぐに姿を消した。
後に残った星矢は、戦う事に疑問を感じていたエデンに自ら答えを見つけるよう教え諭す…。


・人に対して酷薄な神になりきる事も出来ず、かといって人である事にもなじめない。
守りたかったものを守れなかった故に、自分の戦う意味を失っているエデンの葛藤が描かれる回。

光牙と同じく、その生まれ方からして苦悩を背負う宿命にあるエデンは見ていて非常に気の毒。
それゆえに映えるキャラクターではあるのですが…。


・エデンと初遭遇した星矢は悩むエデンに、自ら答えを見つけるよう教え諭しました。
星矢はエデンの抱える苦しみを理解しているようですが、こればかりは他人の口で諭しても納得させられるような問題では無いですからね…。


・と、エデンの葛藤や神の力を否定するエデンの言葉に引っ張られるように謎の小宇宙を発揮する昴が描かれたりと、ストーリー的には非常にシリアスな展開だったにも関わらず今回は笑っちゃうぐらい作画が酷かった!!(笑)

OPを見た時、原画の人数がかなり少なかったので非常に嫌な予感はしてたんだけど動きが滅茶苦茶でした。
(人数はいたけど実質一人原画だったのでは…)
昴がゴキ○リのように壁を登りだした時はどうしようと思った(^^;

『Ω』ではこれまでもひっくり返りそうな作画の回は何回かありましたが、今回が1期も含めて一番ひどかったような気がします。

結構重要な出来事があった回だったと思うのですが、それ以外の事が印象に残ってしまった回でした…。








関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2013/08/04 10:35 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ