desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

2013年の夏の文庫フェア! 

・今年もこの季節がやってきました!
角川書店、集英社、新潮社の夏の文庫フェアの季節です。

最近中々本に集中する事ができなくて新しい文庫本を買う事は減ってきましたが(あと、うちの場合積読の問題もあるし)、毎年このイベントを楽しみにしています。

例年ならばこちらのブログで一社づつ取り上げながら、各社の企画内容をまとめたりしてたのですが、年々書く事が似たり寄ったりになってきてしまってるので、今年はこちらでちまちまと書いてみたいと思います。


・角川書店は、おおよそ昨年の企画と同様のもの。

ニコニコ動画でのイベントあり。小中高生を対象としたPOPコンクールあり。
スペシャルカバーは毎年好評な人気てぬぐい店「かまわぬ」とのコラボカバーと、スタジオジブリとコラボしたアニメーターイラストのカバー、更に「大人の名作カバー」(一色の表紙に作中の一文をあしらったデザイン)が用意されています。

フェア対象作品は、定番から新作まで様々。
角川の特徴として映画化、アニメ化作品など、映像化作品の原作がラインナップに多く含まれています。
特に今年はジブリ映画の新作が『風立ちぬ』が公開されますので関連として、堀辰雄の『風立ちぬ・美しい村・麦藁帽子』。映画の主人公のモデルとなった零戦設計者・堀越二郎の著書も含まれていました。
(ジブリとのコラボカバーもこちらの一環?)

1冊買うともらえるプレゼントはこちらもお馴染みになりつつある、ハッケンくんストラップ9種類。
私も早速1冊買って一つもらったのですが、「犬神家の一族」ストラップ(湖面に足が浮いてるやつ…)でした。
実はこれが欲しかったのでラッキー。

ちなみに買った本は、これ↓

怖い絵  死と乙女篇 (角川文庫)怖い絵 死と乙女篇 (角川文庫)
(2012/08/25)
中野 京子

商品詳細を見る



・集英社のフェア企画「ナツイチ」は、AKB48とのコラボ企画が進行中。

AKB48を含む課題図書メンバー85人それぞれがナツイチ対象作品の中から選んで読み、読書感想文を書くと言うもの。
感想文はナツイチの特設サイトと、フジテレビの「お台場合衆国2013」の特設ブースにて明日7月13日から公開されるそうです。

ラインナップは最近人気の作家の作品から、定番の文学作品、エッセイやエンタメ系など様々。
角川ほどではありませんが、映像化作品の原作もあり。
この辺りの垣根は、年々曖昧になっているような気がする(そんな垣根元から無かったのかもしれないけど)

書店配布のフェアの案内本にはこの1冊を読んだ後はこれ、と言った感じで次の読書への手がかりになるようになっている。
思えば、今年の企画の感想文も人気のアイドルたちを起用して読書そのものに興味を持ってもらおうという試みが感じられます。

ところで、集英社と言えば集英社発行の漫画誌で描いている漫画家さんたちのコラボカバーがお馴染みでしたが、今年はありません(『人間失格』のみ例年のものが使われてる)。というか、スペシャルカバー自体がありません。
しいえていうなら文庫のキャラクター・ハチを起用したカバーがありますが…。これはちょっと楽しみにしてただけに残念でした。

その代わりと言っては何ですが、今年の購入者プレゼントは8種類のナツイチ限定ブックカバー。
AKBの女の子たち(すみません。詳しくないのでどなたかがわからない…)のカバーが4種類。ハチのカバーが4種類。
なんと、濡れても使えるそうです。お好きなデザインは無くなり次第終了ですので、集めたい方はお早めに。


・夏のフェアの元祖?新潮社の『100冊』。今年のテーマは「ワタシの一行」。

対象作品に著名人たちの印象に残る一行をつづった帯がつけられています。
全ての一行とそれを選んだ理由は公式サイトにて確認できるのですが…これが結構読み応えがある。

あと、個人的に気になってたサイトの色が去年までの黄色からホワイト基調になったのが目に優しくてありがたい。相変わらずスクリプトばりばりな所はちょっと見にくいのですが、それでも去年のものと比べると段違いで見やすい。ありがとう新潮社…。

なお、フェイスブックアカウントがあれば読者の「一行」も投稿できるみたいです。

作品ラインナップは手堅く。それでいて新しい作品も多い。エンタメ系の作品も昔よりは多くなっている印象を受けます。
しかし、今年気になったのはそのラインナップよりもスペシャルカバー。
非常に美しい夏の風物詩の写真を結構大胆にデザインしたもの。これが、本屋に並んでると本当に綺麗で心惹かれるんです。
思わず書店のカバーをかけずに手に持ちたくなります。こういうのを見ると電子書籍にはない紙の本の良さを感じてしまいます。

最後に、恒例のプレゼント。今年は応募してもらうプレゼントが無くなってしまいました。
(去年のブックカバーが良かっただけにちょっと残念)
その代わり他社同様、書店配布のプレゼントとして一行付箋があります。

あなたのお気に入りの一行を示せる、栞代わりにもなる付箋です。読書のお供に。
なお、こちらも毎年恒例100冊大人買いセットにはこの付箋が1箱(100枚入り)がもれなくつくそうです。
ちょっと面白い。



関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2013/07/12 23:38 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ