desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第61話「迫る大軍勢!パライストラ防衛戦!」 

・聖闘士星矢Ω第60話の感想です。


・光牙と昴は鋼鉄聖闘士達とパライストラへ。
そこには聖闘士の他にパラサイトに襲われ、辛くも逃げ出した避難民たちが集まっていた。

檄は避難民たちの前では体制は万全と大言するものの、状況はあまりよくなく、パラサイトの動きもつかみかねていた。
パライストラの聖闘士達の指揮執っていた玄武は、光牙達が聖衣に頼る戦いを行っている事を知り、叱責。玄武の厳しい言葉の意味を理解しかねた光牙は反抗的にとらえてしまう。

そんな中、2級パラサイト・エーギルに率いられたパラサイト達の軍勢がパライストラを取り囲んだ。
聖闘士達を一か所に集め、殲滅することこそがパラサイトの仕掛けた罠だった。

その軍勢を見て戦う姿勢を見せる聖闘士達。
しかし、玄武はその攻撃をとどめ、ただ一人軍勢の前に立つのだった…。


・始めの檄先生のハイテンションに超違和感だったんですが、これも一般人を安心させる為の演技だったんですね。
ちょっと、檄先生どうしちゃったの?昔の仲間にあえてテンションあがった?と、ちょっと心配してしまった(^^;


・今回は、新生聖衣を得て少し調子に乗っていた光牙達に玄武が冷や水を浴びせる回…と、書いてしまうとちょっとアレですが、玄武は玄武なりに彼らの事を思っての事。

玄武は彼らなら小宇宙のさらなる真髄にたどり着けると信じているのです。
そのため、玄武は彼らに聖闘士として大切な事を教えるべく一人的に立ち向かう。

玄武の教えとはすなわち、

その1 勝敗は小宇宙で決まる
その2 敵を侮るな。どんな攻撃でも必殺の刃と思え
その3 戦いは常に攻防一体。攻撃は迅速かつ正確に
その4 借り物の力に溺れるな

確かに新生聖衣は以前の聖衣とは異なる強度を持っている。光牙達はついその防御力に頼った戦いを行ってしまった。
しかし、強度は聖衣にとっては表面的な強さというだけにすぎない。
聖衣の本当の力を引き出す事ができないならば、勝てる戦いも勝てない。聖衣はただの防具では無いのだ。

特に聖闘士にとって大事なのは「その1」。
聖衣を纏い戦うなら、何を置いても「要は小宇宙」。纏う聖衣の色は関係なく、小宇宙さえ高まれば青銅100人いても勝てないと言われる黄金聖闘士にも勝つ事はできる。

光牙達は玄武の言葉と戦いを見て、改めてその事に気づかされます。


・玄武は態度は厳しいけど光牙達にとっては本当にいい兄貴分です。
それに、「Ω」のオリジナルキャラクターではありますがいかにも「聖闘士」らしくてかっこいい!

かつての玄武も老師の言葉をわりといい加減に聞いていたようですが、見事成長し、次代へ過去からの思いを繋ぐ役割を果たしています。

ただ、光牙達に思いを託して亡くなる展開になっちゃうんじゃないかと見てて不安になってしまいます…。
聖闘士は常に死と隣り合わせ。アテナと世界の為に戦って死する事も辞さない存在である事はわかってるんですが!!…わかってるんですが、できれば玄武には生き残って欲しい!!


・玄武は、エーギルの持つ強力なサイコキネシスを増幅させる武具による攻撃もあえなく弾き飛ばし、勝負の形勢は圧倒的に聖闘士側に有利に見えた。

しかし、パラス四天王の一人・ハイぺリオンが持つ聖剣「天地崩滅斬」が戦場に姿を現す。

エーギルのこと役立たずっぽく言ってた割には手を貸してくれるハイぺリオンの真意はよーわかりませんが、玄武は禍々しい力を持つ聖剣をどう相手するのか?
どうやら天秤座の武器を使うようですが…?

次回も非常に気になりますが、なんと来週の放送はお休み。
次の放送は6月23日になります。




関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 聖闘士星矢 - ジャンル : アニメ・コミック



この記事をリンクする?:


[ 2013/06/09 22:50 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ